F1 エイドリアン・ニューウェイ
レッドブルのF1デザイナーであるエリドリアン・ニューウェイは、ホンダのF1エンジンで戦う2019年のF1世界選手権に向けて寝る間も惜しんで“全開”でRB15のマシン開発を進めている。

“空力の鬼才”と称されるエイドリアン・ニューウェイは、一時、F1の第一線から退いていたが、新たな空力レギュレーションが導入うされた今季、ホンダのF1エンジンを搭載する『RB15』から本格的に現場に復帰した。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダとのコラボレーションがエイドリアン・ニューウェイの関心を高めたと語る。

「我々の目標はワールドチャンピオンを獲得することだ。そのために我々は何だってやっていくつもりだ」とヘルムート・マルコは Auto Bild にコメント。

その一例として、ヘルムート・マルコは、エイドリアン・ニューウェイが“完全にやる気になっている”とし、そのおかげでF1中国GPで予定していた空力アップデートを前倒しして開幕戦に導入できるようになったと語る。

「彼はここ数週間フルスロットルで仕事をしている。ほとんど寝ていない。それが我々が当初は第3戦中国GPで計画していた空力アップデートをメルボルンで投入できる理由だ」

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーも、ホンダのF1エンジンがエイドリアン・ニューウェイをやる気にさせたと語る。

「エイドリアンは非常にコンペティティブな人間だ。当然、デザイナーとしてもF1史上最もレベルの高い人だと言える。彼も基本的にパフォーマンスを求める人間だし、ホンダのF1エンジンは素晴らしいと考えている」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

ヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダ RB15の競争力について自信に満ちていると述べ、今季マシンはレッドブルが作ってきたなかで“最高”のマシンだと語る。

「我々の楽観主義にい根拠のないものはない。レースディスタンスではフェラーリの後ろにいるが、メルセデスの前にいると私は見ている」とヘルムート・マルコはコメント。

「パーツの効率と技術的な完成度を考えれば、RB15は確実にレッドブル・レーシングの歴史の中でベストかつ最も高価なマシンだ」

「すべての段階ですべての従業員が『正しい軌道に戻った。今の我々自力で勝利を追い求めるチャンスがある』と確信していた」

また、ヘルムート・マルコは、ホンダの進歩についてあまりに大げさに語られていると考えている批判家たちにも反論。今年のレッドブル・ホンダの目標は少なくとも5レースに勝つことだと改めて宣言した。

「ホンダにそれを実現することはできないという多くの否定的な声があった。だが、我々はあのような完璧なテスト日を過ごせたことはこれまでなかった」とヘルムート・マルコはコメント。

「より多くの馬力があった場合、今年を見据えなければならないのは当然のことだ。昨年は4勝を挙げた。5勝は現実的だ。さらに多くの勝利を収められることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1