F1 レッドブル
レッドブルは、トロロッソ・ホンダのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーとの契約をまだチーム間で合意に至っていないにもかからず、フライングで発表したマクラーレンに不快感を露わにした。

マクラーレンは26日(木)、Twitterでジェームス・キーがテクニカルディレクターとして加入することを発表。しかし、レッドブル陣営には寝耳に水だったようで、すぐさまトロロッソのチーム代表フランツ・トストは“ジェームス・キーとは長期的な契約を結んでいる”と発表して対立姿勢をみせた。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、まだ交渉中であるにも関わらず、メディアにむけて情報を公開したマクラーレンに不快感を露わにした。

「我々はジェームス・キーと複数年契約を結んでいる。ザク・ブラウンは、契約を早期に解除できるか尋ねてきた。我々はまだ交渉中だったが、突然、プレスでマクラーレンがジェームス・キーと契約したとの記事を読んだ」とコメント。

レッドブルは、以前にもマクラーレンに交渉情報を漏らされている。ヘルムート・マルコは、ブレンドン・ハートレーに代えて育成ドライバーのランド・ノリスを獲得できないか内々でマクラーレンに打診したが、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンはそれをメディアにリークしている。

「ランド・ノリスの際も同じだった。我々は秘密裏にマクラーレンと交渉してたが、突然、新聞で彼らがノリスを放棄したくないことを知らされた」

「キー氏は、マクラーレンで仕事ができるようになるまで長い時間待たなければならないだろう」

ジェームス・キーは、トロロッソと2019年末まで契約を結んでいるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル