F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、2019年のF1エンジンサプライヤーの問題について最終的な決断に近づいている。

今シーズン末でルノーとのエンジン契約が期限を迎えるレッドブル・レーシングは、2019年以降もルノーのカスタマーとして継続するか、もしくはホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

レッドブルとホンダはF1アゼルバイジャンGPでF1エンジン契約について本格的な交渉を開始。以降、スペインとモナコでもホンダのモータースポーツ部長の山本雅史とレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコとの間で交渉は継続されている。

今週末のF1カナダGPでは、ホンダとルノーの両方がアップグレード版パワーユニットを投入している。

レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは「意思決定のフェーズは重要なポイントに到達している」とモントリオールでコメント。

「今週末に集めているデータが鍵を握る。オーストリアまでに決断を下したい」

ルノーを搭載するレッドブルは、姉妹チームのトロロッソがホンダのF1パワーユニットを搭載しているため、2つのエンジンメーカーノデータを密接に比較することができる。

「我々は最高のチャンスを与えてくれるエンジンを望んでいる」とクリスチャン・ホーナーは付け加えた。

マクラーレン・ホンダの失敗の後、レッドブル・レーシングにとってはルノーが明らかな選択肢にように思えるかもしれない。

しかし、トロロッソ・ホンダのドライバーを務めるピエール・ガスリーは「ホンダはルノにそこまで劣っているわけではない。でも、今週末、彼らとのギャップをさらに縮められることを期待している」とコメント。

「ホンダの決意には感銘を受けている。彼らはF1で最高のエンジンを造るために必要なすべてを有していることを本気で示したいと思っている。彼らが何かを望んでいるとき、彼らはそれを達成するために持っているすべてを尽くす」

「以前にスーパーフォーミュラに参戦したときにも言ったけど、彼らはこれまで一緒に働いたなかで最も献身的な人々だ」

ピエール・ガスリーは、ホンダとルノーのパフォーマンスが拮抗していることが、レッドブルの来シーズンのエンジン決定を困難にしていると考えている。

「彼らが出来る限り決定を延期しているのはそれが理由だと思う。ホンダとルノーはお互いに本当に拮抗しているからね」とピエール・ガスリーはコメント。

「新しいメーカーと一緒になることは、かなり多くの新しい仕事や新しい関係を意味するし、来年のマシンの設計という点でかなり大きな変化をもたらす」

「少なくともルノーに関しては彼らが何を持っているかをわかっている。難しい決定だと思う」

しかし、ホンダとルノーのどちらを選ぶにせよ、レッドブル・レーシングは2021年にF1でポルシェと契約を結べる余地を残すために2年契約を求めていると噂されている。

関連:ルノー 「レッドブルはホンダに変更すれば今後2年のタイトルを棒に振る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ホンダF1