F1 レッドブル・レーシング 本田技研工業 ルノーF1
レッドブル・レーシングは、2019年にF1エンジンサプライヤーを選べる立場にいるとチーム代表のクリスチャン・ホーナーは強調する。

レッドブル・レーシングは、2015年にルノーとの関係が悪化して契約解消を申し出たが、他のエンジンサプライヤーがエンジン供給を拒否。エンジンがないという危機的な状況となり、F1撤退さえも報じられた。

最終的にレッドブル・レーシングはルノーとの契約を更新。タグホイヤーのバッチをつけて現在もルノーのF1パワーユニットを搭載している。

しかし、クリスチャン・ホーナーは今は当時とは異なり、レッドブル・レーシングは2019年にルノーとホンダのどちらを搭載するかを選べる立場にいると語る。

「幸いなことに、我々には選択肢がある」とクリスチャン・ホーナーは Auto Motor und Sport にコメント。

「ルノーは我々と仕事を続けたいと思っている。そして、我々はホンダに関して最前列に座っている。我々が彼らがどのように発展しているかを観察できる」とクリスチャン・ホーナーは、姉妹チームのトロロッソとホンダとの新しいパートナーシップに言及した。

またクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・レーシングが“夏休み”までに決断を下す必要があると述べた。

クリスチャン・ホーナーは、ホンダとの提携に備えてモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコが、日本語を磨いていることを認める。

「ヘルムートには常に才能があった。現在、彼は我々の日本語のマスコットだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ルノー | ホンダF1