レッドブル・レーシング アメリカグランプリ マックス・フェルスタッペン
レッドブルは、F1アメリカグランプリ初日のフリー走行で、マックス・フェルスタッペンが2番手タイム、ダニエル・リカルドが5番手タイムだった。

マックス・フェルスタッペン (2番手)
「チャレンジングな1年の後、新しい契約にサインして、この強い関係を継続でしていけるのはいい気分だ。チームのことを本当に信じているし、彼らも僕のことを信じてくれている。僕たちは素晴らしい仕事関係を築いているし、彼らは僕にF1でキャリアをスタートするチャンスを与えてくれた」

「今年は浮き沈みを経験しているけど、それでもチーム内の感覚は本当にいいし、彼らは改善するために本当に一生懸命に仕事をして、今日も競争力があることを示している。このチームにいることを楽しんでいる。僕にとってそれはとても重要なことだし、それが契約を延長することに決めた理由でもある。今年起こったことから学ぶことができれば、このチームがグリッドでベストなクルマを造れることは間違いないし、2018年は上位で競争をスタートできると確信している。今年は起こったことから多くのことを学んでいるし、それは間違いなくポジティブなことだ。今日はロングランのシミュレーションでもショートスティントでも良いペースを示していたし、僕たちにはここで良い結果を達成できる力があると思っている」

ダニエル・リカルド (5番手)
「実際、今日は簡単ではなかった。僕たちが予想していたラップタイムに対して、サーキットのグリップは本当に低かった。湿気が高くてタイヤが本当に熱くなっていたし、そうなるとクルマに望ましいグリップを生み出すのに苦労する。もちろん、明日のために試せることはいくつかあるし、今はセッションからもう少し理解を深めている。あまり理想的なセットアップはできていないけど、全てのことを考慮すれば、僕たちは数百マイルもペースが遅れているわけではないと思うし、明日しっかありやれれば、僕たちはまだ戦える位置にいると思う。それが僕たちの目標だし、それが現実なので、そこに取り組んでいくつもりだ。明日はトップ3に食い込むことができればいいね」

関連:
【動画】 F1アメリカグランプリ フリー走行2回目 ダイジェスト
【動画】 F1アメリカグランプリ フリー走行1回目 ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | F1アメリカGP