レッドブル・コーラ
レッドブルの新飲料「レッドブル・コーラ」がドイツの6州で販売禁止となった。

レッドブルは今年、レッドブル RB5とトロ・ロッソ STR4のリアウイングのエンドプレートに昨年発売を開始した「レッドブル・コーラ」の広告を掲載している。

しかし、ノルトライン・ウェストファーレン州の保健・労働研究所の検査でレッドブル・コーラにコカインが含まれていることが判明。ドイツの16州中6州が麻薬取締法違反を恐れてレッドブル・コーラを販売禁止にした。

レッドブルは、この製品は「無害」であり、コカの葉の抽出物を利用した風味づけは広く普及していると反論。レッドブルが独自のテストを実施したところ、コカインは検出されなかったと述べている。

レッドブルはノルウェイ、デンマーク、ウルグアイでも販売が禁止されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル