レッドブル F1 ルノー
レッドブルは、ルノーと2017年と2018年まで現在のタグ・ホイヤーのブランドを掲げたF1パワーユニットの供給を受けることを発表。また、トロ・ロッソも2017年からルノーのパワーユニットを搭載することになり、2018年までの契約を結んだ。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「我々は、非常に成功した時間によって証明されてきたパートナーシップを延長できることを嬉しく思う」とコメント。

「ルノーが行った再建の後、はっきりとした進展は、タグ・ホイヤーのバッチをつけたエンジンを継続することを理論的なものにした」

レッドブルとトロ・ロッソは、2017年と2018年にルノーの最新のパワーユニットの提供を受け、パワーユニットにルノーのバッジをつけることができる。

レッドブルは、2007年にルノーとのパートナーシップを開始。51勝を挙げ、ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権を4連覇した。

今年、フェラーリの2015年型のパワーユニットを搭載するトロ・ロッソは、2014年と2015年にルノーからF1エンジン供給を受けていた。

この契約により、ホンダがレッドブルもしくはトロ・ロッソにF1パワーユニットを供給するという噂はひとまず終焉を迎えることになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル | ルノー | トロロッソ