レッドブル
いまだ2016年のエンジンサプライヤーが決定したいないレッドブルだが、2016年のF1世界選手権にエントリーしたことが判明した。

レッドブルは、競争力の高いエンジンを確保できなければF1撤退も辞さないと強調していたが、ルノーとの関係維持の可能性が高まる中、F1自体への残留は決定したようだ。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「世界選手権にエントリーしたので、エンジン問題を解消できれば、来年は間違いなくここにいる。皆さんに言えるのは我々が的を絞っていることだ。発表できる状況になったら、すぐに知らせるつもりだ」と Sky Sports News に述べた。

FIAは、2017年から予算を抑えた代替エンジン導入計画を進めており、これが実現すれば、レッドブルはひとまず2016年のエンジン供給契約を確保いておけば良く、2017年以降はFIAが提案する代替エンジンサプライヤーの登場で選択肢が広がるはずだ。

代替エンジンには異なるレギュレーションが適用される見込みで、価格は約3分の1に抑えられるとみられている。

クリスチャン・ホーナーは、FIAが競争力を保証する限り、レッドブルは代替エンジン搭載に関心があると述べた。

「まず、それらのエンジンに関するレギュレーションを見てみる必要がある。それから競争力についてもだ。とは言え、競争力を持ったエンジンであることが保証されているのであれば、当然我々は関心がある」

「彼らの言う価格については特に悩みになることはない。今のパワーユニット供給の問題や最大で3000万ユーロ(約39億円)にも上ると言われる現在の供給価格を考えれば、とにかく高過ぎることがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル