ダニール・クビアト
レッドブルは、F1日本グランプリの予選でクラッシュしたダニール・クビアトのマシンを完全にリビルドし、エンジンを交換することを強いられた。

ダニール・クビアトは、予選Q3でヘアピンで大クラッシュ。タイヤバリアにクラッシュしてマシンは一回転したが、幸い、怪我はなかった。

レッドブルは、FIAの技術代表ジョー・バウアーによってパルクフェルメでサバイバルセルの交換を承認され、ピットレーンからスタートすることになった。

レッドブルは、新しいシャシーに完全にパワーユニットを搭載することを決定。8基目のエンジン、7基目のターボチャージャー、5基目のMGU-HとMGU-K、4基目のエネルギーストアとコントロールエレクトロニクスを投入。またギアボックスも好感した。

関連:
F1日本グランプリ:スターティンググリッド
F1日本GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ダニール・クビアト