レッドブル
レッドブルは、ルノーのパワーユニットに進展はあったものの、メルセデスを倒すのには十分ではないと述べた。

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコは、ワークスサプライヤーのルノーが2015年に以前より優れたエンジンを用意したこと自体は認めている。

先週のバルセロナテストで、ダニエル・リカルドは、2015年のパワーユニットが“間違いなくポニー数頭分パワーアップした”と話している。

クリスチャン・ホーナーは「パワーは増しているが、均一に配分されていない。ドライバビリティにまだ問題がある」と Auto Motor und Sport にコメント。

しかし、ヘルムート・マルコは、いくつかの問題は“ソフトウエア変更”で解決できると語る。

「そうすれば、我々はメルセデスのリードの大部分に追いつくだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル