エイドリアン・ニューウェイ
エイドリアン・ニューウェイは、フェラーリ移籍を躊躇わせことのひとつが家族の存在であることを認めた。

英国を拠点とするマクラーレンとウィリアムズでタイトルを獲得したエイドリアン・ニューウェイは、現在F1で最高の技術者と考えられており、現在のレッドブルの圧倒的な強さを支えている。

フェラーリ移籍を考えなかったかと質問されたエイドリアン・ニューウェイは「(そうしない)特定の理由はないし、これまでそうする適切なタイミングがなかった」とスペインの Canal 9 にコメント。

「それに家族と子供がイングランドにいる。イタリアに引っ越さなければならないことは彼らにとっては大騒ぎだ」

「残念だよ」とエイリドアン・ニューウェイは認める。

「素晴らしいチームであり、多くのドライバーがいつかフェラーリで走ることを願っている。それはエンジニアにとっても同じことだ」

またエイドリアン・ニューウェイは、2012年マシンであるレッドブル RB8が、現在のマシンとは完全に異なるという報道を否定した。

「人々は私がそういったと思っているが、私はそんなことは言っていない」とエイドリアン・ニューウェイは主張。

「このシリーズのスタートである(2009年マシン)RB5の進化系だ」とエイドリアン・ニューウェイは説明。

「昨年のマシンもそれに基づいていたし、今年のマシンもそうだ。RB5は全てのマシンの父だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: レッドブル