キミ・ライコネン、後任のバルテリ・ボッタスにアドバイス / アルファロメオF1チーム
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1チームの前任であるキミ・ライコネンからちょっとしたアドバイスを受けたことを明らかにした。

キミ・ライコネンが昨シーズン限りで20シーズンを過ごしたF1引退を発表することを発表。アルファロメオF1チームの後任にはフィンランド出身の後輩ドライバーであるバルテリ・ボッタスが加入した。

昨年までメルセデスF1に所属していたバルテリ・ボッタスは、過去2シーズンで低迷していたアルファロメオF1チームをミッドフィールドに導くという困難な課題に直面している。

アルファロメオF1チームは、キミ・ライコネンとの最後の2年間でわずか21ポイントを獲得できておらず、昨年はC41をまったくアップデートしないことを決定し、コンストラクターズランキングで9位に転落した。

しかし、キミ・ライコネンからのいくつかの言葉のおかげで、バルテリ・ボッタスはチームの見通しを心配していないと語る。

「昨年末にキミ・ライコネンに聞いた」とバルテリ・ボッタスはGazzetta dello Sportに語った。

「彼はこのチーム内での仕事についていろいろと説明してくれた。彼はアルファロメオの可能性を高く評価していて、僕がそれを楽しむだろうと言ってくれた」

「でも、ご存知のように、キミは言葉の多い男ではない・・・」

「この象徴的なイタリアのブランドを運転することは名誉であり、ブランドをトップに戻す責任を感じるけど、それはプレッシャーではないと思う。それが大きなモチベーションであることは確かだと思う」

「僕にとっては、それは過去と比較して一歩前進だ。僕はこれらのカラーを身に着けることを誇りに思っている。大変な作業があり、楽しむ機会がある」

バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1チーム

10回のグランプリウェナーであるバルテリ・ボッタスは、今シーズン、F1キャリアで初めてチームリーダーの役割を果たす。彼はルーキードライバーの周冠宇と組むボッタスは、リードマンとしての新しい役割を“楽しい”と感じていると語る。

「僕のキャリアの中で初めて多くの責任を伴う長期契約を結んでいる。僕にとって、チームで最も経験豊富なドライバーであるのは初めてだ」とバルテリ・ボッタスは語る。

「僕はF1で10シーズン目を迎えている。多くの経験を積んできた。目標と結果に関して、必ずしも短期的ではなく、2年間のビジョンがあることを知っているのはうれしいことだ」

「チームを率い、周冠宇と一緒にうまく働く準備ができている」

バルテリ・ボッタスは、F1バルセロナテストですでにC42のペースを試したが、アルファロメオF1チームは3日間にわたってさまざまな問題に苦しんでいたため、多くの「やるべきこと」があることを認めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1