キミ・ライコネン、F1イタリアGPの週末に引退を発表との報道
キミ・ライコネンは、第14戦F1イタリアGP(9月10日~12日)が開催されるモンツァで引退を発表するとフランスのCanal+が報じている。

今シーズン終了時には42歳になるグリッド最年長のキミ・ライコネンは、ほぼ20年間、F1に貢献してきた。この2年間、アルファロメオという下位チームの所属するライコネンは、引退に関する噂が付きまとっている。

Canal+は、F1放送中に、キミ・ライコネンが、2週間後のモンツァでの引退を発表すると報道。彼の発表により、バルテリ・ボッタがアルファロメオに移籍することになると伝えた。

その場合、ジョージ・ラッセルがメルセデスのセカンドシートを獲得するための明確な道を開くことになる。しかし、具体的な報告はなく、むしろ内部の噂でしかない。

だが、Canal+は、F1で信頼できる放送局と見なされており、キミ・ライコネンもF1キャリアが終焉に向かっているのは確かだ。

先月、アルファロメオはザウバーとの契約を延長し、今後もアルファロメオF1としての参戦継続が決定したが、チーム代表のフレデリック・ヴァスールは、2022年からはチームのシートのひとつをフェラーリのジュニアドライバーに与えなければならないという縛りはなくなったことを明らかにしている。

したがって、ミック・シューマッハは、ハースにとどまることになると考えられており、アルファロメオが独自の決定を下すことができるのであれば、若いドライバーよりもバルテリ・ボッタスの方が好まれる。

一方、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、すでに2022年にバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのどちらを起用するかは“決定済み”であることを明らかにしており、発表の機会を探している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング