キミ・ライコネン 「F1での将来とアルファロメオの競争力は関係ない」
キミ・ライコネンは、F1での将来と2021年のアルファロメオの相対的なパフォーマンスは関係ないと語る。

2007年のF1ワールドチャンピオンである41歳のキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーであり、すでに333戦をスタートし、今シーズン終了時には350戦以上に達する予定となっている。

キミ・ライコネンは、F1での将来と2021年のアルファロメオの相対的なパフォーマンスは関係ないと語る。
2007年のF1ワールドチャンピオンである41歳のキミ・ライコネンは、F1史上最も経験豊富なドライバーであり、すでに333戦をスタートし、今シーズン終了時には350戦以上に達する予定となっている。

しかし、最後の勝利はフェラーリ時代の2018年のF1アメリカGPまで遡らなければならず、それ以降はポイントフィニッシュに満足することを余儀なくされている。

昨年は、F1トスカーナGPとF1エミリア・ロマーニャGPでの9位がベストリザルトであり、合計4ポイントでシズンを終えた。

F1での将来はアルファロメオのパフォーマンスに関連するかと質問されたキミ・ライコネンは「それが来年何が起こるかに違いを生むとは思わない」とコメント。

「もちろん、僕たちがもっと良い結果を出すことができれば、、ドライバーとしてだけでなく、チームのために常にもっと楽しいし、誰だって良い結果を出せるほどハッピーになれる」

「僕たちは仕事と改善を続けているし、定期的にポイントに挑戦できるところにいることを願っているけど、それが簡単なことではないのは確かだ」

「誰もがそこにいることを望んでいるし、僕たちはとにかく働き続ける必要がある」

キミ・ライコネンは、アルファロメオで3シーズン目を迎えている。

2001年にザウバーでF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは翌年マクラーレンに移籍。そして、2007年に引退したミハエル。シューマッハの後任としてフェラーリが移籍したキミ・ライコネンは初年度にタイトルを獲得。2009年末にフェルナンド・アロンソの加入にとってチームを離れた。

その後、WRCやNASCARに参戦したキミ・ライコネンは2012年にロータスでF1復帰。2014年に再びフェラーリに加入した後、2019年にアルファロメオとして知られるF1デビューを果たしたチームに再び加わった。

今シーズン、アルファロメオは改善されたフェラーリのF1エンジンの恩恵もあり、ポイントの挑戦者となっている。開幕戦F1バーレーンGPでは、キミ・ライコネンは11位でレースを終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / アルファロメオ・レーシング