キミ・ライコネンの酒乱伝説…ホテルのスイートルームがめちゃくちゃに / F1回顧録
キミ・ライコネンの酒好きは有名だが、元マクラーレンのエンジニアを務めたマーク・プレーストリーが、ホテルのスイーツルームがめちゃくちゃになったある夜のパーティーについて振り返った。

「キミがパーティーをするのが好きなのは秘密ではない。マクラーレンにいる間、たくさんの楽しいことを経験した」とマーク・プレーストリーは自身のYoutubeチャンネルで語った。

「キミもしばしば確認しているが、彼は素晴らしい時間を過ごした。皆さんもご存じのようにね。だが、レースでは常に真剣だ。レースウィーク中、彼はほとんどホテルの部屋から出てこなかったが、レース後の日曜日の午後はクレイジーになった」

「オーストラリアGP後の日曜日の夕方、フィンランドの友人と一緒にいるキミと偶然出くわした。最終的に僕たちはお酒を求めて数人とホテルのスイートに戻った。当然、完全に収集がつかない状態になった。我々は良い結果を出しており、パーティーをするための理由があった」

「あの夜、いくつかの家具が壊れ、多くの酒がこぼれ、誰かがテーブルの端で頭を切ってさえいた。キミの友人がふざけてテレビを50階の窓から投げ捨てようとした。だが、私は彼が冗談で言っているのかどうかわからなかった・・・」

だが、それで夜が終わったわけではない。自体はさらに手に負えなくなるくらい悪化したとマーク・プレーストリーは語る。

「キミは午前6時にレセプションに電話して、10個のイングリッシュブレックファストを注文した。すでにミニバーを完全に空になっていたので、ビールも注文した。食べ物を持ち込んだ女性は見なかったことにしたと想像できる。食べ物を置いてすぐに去っていったよ」

「30秒以内に、最初の食べ物がホテルの部屋を舞っていた。そこから30分間、部屋は戦場になった。あれはこれまで目にした最も激しいフードファイトだった。すべてが壊れ、床、カーテンなど、被害は甚大だった」

「ラップトップをシールドとして使用してホテルの部屋の隅に立っていたキミのことはまだ覚えている。卵とトーストしたパンが頭上を飛んでいた。それは11時くらいまで続いた。家に帰るために空港に戻らなければならなかった」

マーク・プレーストリーは、弁償のための高額な請求書が届き、当時のマクラーレンのボスであるロン・デニスを激怒させたと付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / マクラーレン