キミ・ライコネン メルセデスGP
キミ・ライコネンは、来年メルセデスGPがレースに勝ち、ワールドチャンピオンを争えるチームであることを納得できれば、メルセデスGP加入を検討するかもしれないとマネージャーは語る。

ライコネンは、マクラーレンへの移籍を希望していたが合意には達せず、マクラーレンはジェンソン・バトンとの契約を発表。ライコネンは、2010年はF1でレースをしないとマネージャーのスティーブ・ロバートソンは語っていた。

しかし、メルセデスGP(旧ブラウンGP)は、バトン離脱にショックを受けており、状況は変わった。

スティーブ・ロバートソンは、ライコネンが来年休暇をとる可能性が高いが、もしライコネンが興味を持つならメルセデスGPのオファーを聞くつもりだと語った。

「これはF1だ。彼らがオファーしてきて、我々とキミが満足できるチャンスを提供することができて、彼がレースとワールドチャンピオンに勝てることを証明できるなら、絶対ということはない」

「可能性は常にある」

「キミにアピールできるチームは多くない。彼の勝てるクルマと得たいとの言葉は正直なものだ。彼はお金には興味はない」

「もちろん、お金はその一部だが、彼はお金を必要としていない。彼は彼の才能を証明できるクルマを望んでいる。彼は今年、レースに勝てず、チャンピオンシップに挑戦できないという事実にとても失望いていた」

「9年間もF1にいて、ワールドチャンピオンを獲得したなら、挑戦が必要だ。キミにとって挑戦はチャンピオンシップとレースに勝つことだ」

スティーブ・ロバートソンは、ライコネンがF1のトップレベルで競争したいとの願望を持っており、1年間F1を離れてラリーをしたとしても、2011年に上位F1チームを見つけるために懸命に働くことは間違いないと語る。

ライコネンはF1に戻ることを切望しているかとの問いにロバートソンは、以下のように答えた。

「そうだ。キミがやり残したことがあると考えている限り - レースに勝ち、さらなるワールドチャンピオンを獲得するチャンスがあるならね。それが彼の主要な目標だ」

「現在、彼がF1をすることはなさそうなので、我々は他の選択肢を探っている。ラリーやその他だ。しかし、F1はここ数日で終わったばかりなので、その部分はなにも決まってはいない。今は他のものを議論する時間だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / メルセデス