キミ・ライコネン 「クソみたいな週末だった」 / F1イタリアGP
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1イタリアGPのレース週末を“クソみたいな週末”だったと振り返った。

キミ・ライコネンのモンツァでの週末は散々だった。フリー走行1回目にパラボリカでクラッシュを喫したライコネンは、予選Q3でも同じ場所でクラッシュ。結果としてギアボックスとエンジンを交換してピットレーンからスタートすることになった。

だが、今後はレーススタート時に間違ったタイヤを履いていることが発覚。10秒のストップ&ゴーペナルティを科せられ、最終的に15位でレースをフィニッシュした。

「クソ(sh**)みたいな週末だったね」とキミ・ライコネンはコメント。

まずは予選でのミスだ。残念ながら、ギアボックスを交換しなければならなくなった。その後、エンジンを交換してピットレーンからスタートすることにしたが、間違ったタイヤを履いていたため、ペナルティを科せられて僕のレースはほぼ終わった」

「これ以上悪くなることはないと思うので、シンガポールを楽しみにするよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1イタリアGP / アルファロメオ・レーシング