F1 キミ・ライコネン
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは、F1ベルギーGP初日のフリー走行で7番手タイムをマーク。肉離れは問題ないと語った。

夏休み中にスポーツをしていて左足に肉離れの怪我を負ったことで、アルファロメオ・レーシングはリザーブドライバーのマーカス・エリクソンをインディカーを欠場させて待機させていた。

「足の心配をしてくれてありがとう。大丈夫だ」とキミ・ライコネンはコメント。

「それを除けば、今日はあまり満足していない。ラップタイムはまあまあだったけど、クルマのセットアップに関してやらなければならない多くの仕事がある。バランスを取ることができれば、明日は改善できると信じている」

木曜日にキミ・ライコネンは怪我について以下のように語っていた。

「肉離れだ。それだけだし、どうなるか見てみるつもりだ。もちろん、僕たちにはバックアッププランが必要だ。最悪のシナリオで僕が運転できなかった場合にサードドライバーがいないのは愚かなことだ」

「何かが起こった場合にチームにサードドライバーがいるのはそれが理由だ。普通の話だと思う。彼(マーカス・エリクソン)にとっても難しい状況ではある。彼にはレースがあったからね。でも、仕方ないことだ」

どのようにして怪我したのかと質問されたキミ・ライネンは「スポーツだ。スポーツは危険だとずっと言っていきたんだけどね。飲酒の方がおそらく安全だ。通常は怪我はしないし、二日酔いになるだけだからね」と語っていた。

関連:F1ベルギーGP フリー走行2回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン / F1ベルギーGP / アルファロメオ・レーシング