レーシング・ポイントF1論争:どの部品を自ら構築する必要があるのか
レーシング・ポイントF1チームは、2020年のF1バルセロナテストを通して話題となった。チームが発表した新車RP20は、昨年タイトルを獲得したメルセデスW10に酷似しているからだ。

だが、レーシング・ポイントF1チームは、合法的な枠組みの中でRP20を生み出したことを強調している。では、F1チームはレギュレーションに従ってF1マシンのどの部分を自ら開発しなければならないのだろうか。

F1チームの全てのデザイナーは、F1競技規則の6.3項に従って、部品一覧に掲載されたものを自ら設計して構築する必要がある。

F1競技規則 6.3
「コンストラクターとは、そのエンジンあるいはシャシーの知的所有権を有する付則6に掲載の部品を設計した者(法人および非法人を含む)をいう。エンジンもしくはシャシーの銘柄は、そのコンストラクターにより帰属される名称とする。これに掲載された部品の設計および使用についての義務は、コンストラクターが付則6の規定に従い、いずれの掲載部品の設計および/あるいは製造を第三者より調達することを妨げるものではない。シャシー銘柄がエンジン銘柄と異なる場合、選手権タイトルは前者に与えられるものとし、前者は車両の名称において常に後者の前に位置するものとする」

それには、サバイバルセル(モノコック)、前部の衝撃吸収構造体、ロール構造体、技術規則1.4項で定義される“車体”が含まれる。

F1技術規則 1.4 車体
カメラ、カメラハウジング、第14条3に規定されるリアビューミラー、ERSステータス灯、第2ロール構造体および関連の固定具とフェアリング、エンジンおよびトランスミッションと走行装置の機械的機能に限定して関連する部分を除き、外気にさらされている車両のすべての完全な懸架部分をいう。エアボックス、ラジエターおよびエンジン排気装置は車体の一部とみなされる。

ここで述べられている“外気にさらされている車両のすべての完全な懸架部分”とは、簡単に言えば外部の全てのパーツだ。ノーズ、フロントウィングとリアウィング、バージボード、アンダーボディ、エンジンカバーなど。さらに、2020年以降にはエアシャフトが追加された。

また、重要なポイントとしては、データや図面など、パーツについての全ての情報は他チームと共有することはできない。これは付則6の4.a)で規定されている。

a) 部品一覧に掲載された部品についての情報(データ、設計あるいは図面を含むがそれに限られない)を、別の競技参加者に直接渡す、あるいは別の競技参加者から直接受け取る、または外部実体または第三者を経由して受け渡しすること。

レーシング・ポイントF1チームは、メルセデス W10の独自の写真のみを使用して“再作成”されたことを強調している。それは合法だ。もし、メルセデスから直接情報を受け取っていたなら、それは違法となる。

これには、禁止事項を回避するためにチームが人員を交代することができないことを付則6の6も含まれる。例えば、レッドブルはエイドリアン・ニューウェイをアルファタウリに1か月“レンタル”するようなことはできない。

6. いかなる競技参加者も別の競技参加者との間で、直接であっても外部実体を通じてでも、本付則の要件を回避する目的で、人員(雇用者、コンサルタント、契約人、出向社員あるいはその他いかなるタイプの恒久的あるいは一時的要員であろうとそうでなくとも)の移動を利用することはできない。

ただし、付則6の2によると“掲載部品”の設計および/あるいは製造を第三者にアウトソーシングすることは許可されている。例えば、ハースはこのモデルを選択し、イタリアのダラーラがシャシーを構築している。これはダラーラがF1にコンストラクターとして参加せず、他チームと連携しない限り許可される。

2. 部品一覧に掲載された部品の設計義務およびその使用の義務は、以下を条件として、競技参加者が第三者(その競技参加者の提携者(Associate)を含む)に掲載部品の設計および/あるいは製造を外部調達するのを妨げるものではない:
a) コンストラクターが、フォーミュラ1にて競技参加する限り、フォーミュラ1においてその掲載部品を使用する専有権を保持している。
b) 製造について外部調達する場合、前述の第三者は競技参加者でないこと。
c) 設計について外部調達する場合、前述の第三者は競技参加者でないこと、あるいは掲載部品を直接的にも間接的にも一切の競技参加者に対して設計担当をしている関係者でないこと。
d) 外部調達手配の一部が第三者による空力テストに関連する場合、本競技規則付則8に従って実施され報告されなければならない。疑義を避けるため、一切の関連する制限を受ける風洞実験および制限を受けるCFDシミュレーションは付則8の1.5項に従って当該競技参加者が指定した風洞施設でなされるか、または付則8の2.6項に従って当該競技参加者が指定したCFDハードウエアを使用して実施されなければならない。そのようなテストあるいはシミュレーションは、付則8の3項の使用制限を競技参加者が遵守しているかどうかの査定に考慮される。

“掲載部品”に該当しないすべての部品は、他チームから購入できる。これは付則6の3で明示的に述べられている。エンジンやトランスミッションなどの明確な部品に加えて、例えば、ハイドロリック、サスペンション、またはステアリングホイールが含まれる。

3. a) 競技参加者は別の競技参加者により設計された、部品一覧に掲載の無い部品を使用することができるが、その場合、そのような部品の設計に関わる空力テストが、本競技規則付則8に従ってそれらを設計した競技参加者によってのみ実施され報告されなければならない。

b) 競技参加者が部品一覧に掲載の無い部品の設計を競技参加者でない第三者に外部調達する場合、そしてそのような手配が空力テストに関連する場合、本競技規則付則8に従って実施され報告されなければならない。疑義を避けるため、一切の関連する制限を受ける風洞実験および/あるいは制限を受けるCFDシミュレーションは付則8の1.5項に従って当該競技参加者が指定した風洞施設でなされるか、または付則8の2.6項に従って当該競技参加者が指定したCFDハードウエアを使用して実施されなければならない。そのようなテストあるいはシミュレーションは、付則8の3項の使用制限を競技参加者が遵守しているかどうかの査定に考慮される。

例えば、ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、彼のチームがフェラーリから大部分のパーツを購入していることを秘密にはしてない。

「誰がフェラーリから多くの部品を購入するとする。そのマシンは我々のコピーか? いや、おそらくフェラーリだ。トロロッソまたはレッドブルをコピーした場合、我々はかなり愚かだろう」とギュンター・シュタイナーは語った。

このようなプロセスは、ハースがフェラーリの“掲載部品”に関する特定の情報を受け取った場合にのみ禁止される。ちなみに、2021年から新しい規制が導入される。今後はマシンのすべての部品が5つの異なるカテゴリに分けられる。しかし、チームが自分でいくつかのパーツを開発する必要があることは何も変わらない。完全なカスタマーマシンはまだ許可されない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / F1マシン