レーシング・ポイントF1、メルセデスと酷似も「ハースのやり方とは違う」
レーシング・ポイントF1チームの技術責任者を務めるアンディ・グリーンは、チームが採用した新しいモデルを“ハース・マーク2”と名付け、リスト化されたパーツをメルセデスからあまり多く購入しないというチームの決定について説明した。

先週水曜日のF1バルセロナテスト初日に披露されたレーシング・ポイントF1チームの2020年F1マシン『RP20』は、昨年メルセデスがタイトルを獲得したW10と多くの類似点が見られ、“ピンク・メルセデス”と揶揄されている。

それは、2016年にF1に参入して以来、フェラーリから許可されている多くのリスト化されたパーツを購入し、同じよなマシン設計を採用するハースF1チームのアプローチと比較された。

しかし、アンディ・グリーンは、レーシング・ポイントF1チームとしては、メルセデスからリスト化されたパーツをさらに多く購入したり、ハースF1チームと同じモデルを採用することを検討してはいないと強調する。

「事実上、譲渡不可能なコンポーネントであるシャーシに関連するものはすべてリストされた部品であり、すべてがリンクされているため、すべてを社内製図に保持することを選択した」とアンディ・グリーンは語る。

「私たちは自分自身でそれを維持したいので、自分たちでやり続けた。すべてのサスペンションシステム、シャシー面、ウィッシュボーンはすべてのレーシング・ポイント制だ。なぜなら、すべてシャシーにリンクされているし、シャシーは我々のものだ」

「私たちは今と同じ移管モデルに沿って動いてくことになると思う。我々のような諸規模チームがこれを行うのは理にかなっている」

「これは本格的なハースのモデルではない。“ハース・マーク2”であり、我々に合わせたものだ」

「それは我々が得意とするものだ。メカニカル部品の一部を購入し、その周りで空力を開発できる場合、そこが我々の強みであり、基本的な目的だ」

「我々には巨大な生産施設がないので、そのモデルが我々にとって機能すると思っている」

アンディ・グリーンは、レーシング・ポイントF1チームが、メルセデスと同じギアボックスとアウトボードサスペンションを使用していることを考えれば、メルセデスの設計哲学に従うことが理にかなっていると付け加えた。

「走らせなければならないハードウェアによって、それは我々にとって非常に理にかなっている」とアンディ・グリーンは語る。

「手に入れているハードウェアとは異なる哲学を使用して戦い、マシンを開発しようとすることは、本当の厳しいことがわかった」。

「だから、もし、あなたがレッドブルのチームであり、レッドブルからギアボックスとサスペンションを手に入れたら、それを補うためにレッドブルタイプの哲学を検討する可能性がある。そうやって設計されたものだからだ」

「異なる方向に進もうと考えれるのは愚かなことだと思う。その方が良いと考えるからね。代わりに、その哲学の背後にあるものを試して理解し、良くなることができるかどうかを確実にした方がいい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / メルセデス / ハース