F1
レーシング・ポイントのF1チーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、カナダの大富豪ローレンス・ストロールの潤沢な資金投入をもってしても、F1で順位を上げるにはまだ時間はかかると語る。

2018年にフォース・インディアが破産した後、ローレンス・ストロールはコンソーシアムを結成してチームを買収。レーシング・ポイントF1チームとして再生したチームは、将来にむけて野心的な計画を立てているが、オトマー・サフナウアーはすぐに大きな進歩を遂げられるという幻想は抱いていないと語る。

レーシング・ポイントは、ローレンス・ストロールの野心的な期待に応えることができるかと質問されたオトマー・サフナウアーは「私はいつも同じ情報をもった合理的な人々は同じ結論に達すると言っている」とコメント。

「F1では時間をかけてそれを達成する。メルセデスでさえ、ブラウンGPを買収してからレースに勝つのに3年かかった。チャンピオンを獲得したばかりのチームだったにもかかわらずね」

「レッドブルはジャガーを買収した。そ彼らが勝つのにどれくらいの時間がかかりった? 5年だ! 時間がかかるものなのだ」

「しかし、あなたは正しい。ローレンスは野心的だ。だが、彼はそれが一晩では起こらないことを理解しなければならなかった」

「人々はしばしば『あなたは今、世界のすべてのお金を手に入れた。大丈夫だろう』とう。だが、それでも重要なのはお金だけではない」

「お金がなければ、それをすることはできません。だが、お金とともに時間がかかる」

「レッドブルはその世界であらゆるお金を持っていた。(ディートリッヒ)マテシッツは自分がやりたいことは何でも言った。メルセデスはその世界にあらゆるお金を持っていた。」

レーシング・ポイントF1チームは、シルバーストーンのファクトリーのアップグレードに投資することができ、新しいファクトリーの計画を立てているが、オトマー・サフナウアーはチームがやりたいことをするための白紙小切手があるわけではないと語る。。

「我々はその世界にすべてのお金を持っているわけではない」とオトマー・サフナウアーは語る。

「我々は今、以前のようにそのレベルにいても、それを作る余裕がないことで開発が抑制されといったことがない十分なお金を持っている」

「マシンを開発しているのにパーツを製造できないのは死活問題だ」

「それが今の我々が持っているものだ。さらに誰かを雇う必要がある場合は、それを勧めて雇うことができる。以前はできなかったことだ」

「我々にはまだ予算がある。おそらくF1では最小の予算だが、以前はとにかくサバイバルモードだった」

「今はそうではない。利用できるとわかっている開発を計画してマシンに乗せることができるのは非常に有益だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント