F1の噂話:ローレンス・ストロールがアストンマーティンを買収との報道
F1ドライバーのランス・ストロールの父親であり、レーシング・ポイントF1チームのオーナーのひとりであるローレンス・ストロールが、英国のスポーツカーメーカーであるアストンマーティンを買収すると報じられている。

クラシックカーの豊富なコレクションを持つ熱心なモーターレーシング・エンスージアストのローレンス・ストロールは、トミー・ヒルフィガー、ラルフローレン、ピエール・カルダンなどのブランドを通じてファッション業界で成功を収め、その推定資産は20億ポンド以上(約2861億円)とも言われている。

ローレンス・ストロールは、昨年コンソーシアムを結成してフォースインディアを買収。チーム名をレーシングポイントに変更し、多額の投資をしており、来年にはシルバーストーンになるファクトリーを拡張する予定となっている。

Autocar によると、アストンマーティンが昨年ロンドンの株式市場に上場して以来、その価値が低下しており、売却を検討していることを報道。アストンマーティンの株価は、発売時の19ポンドから5ポンド前後に下落し、2019年上半期で8,000万ポンドの損失を出している。

情報筋によると、ランス・ストロールが買収に成功した場合、レーシング・ポイントF1チームのチームカラーはアストンマーティンのブリティッシュ・レーシング・グリーンに変更されるという。

アストンマーティンとメルセデスのF1エンジンを搭載するレーシング・ポイントF1チームとの提携は、エンジンを供給するメルセデスとの市販車でも技術的パートナーシップを補完する。また、アストンマーティンは昨年12月にシルバーストーンのレーシングポイントのファクトリーの近くにエンジニアリングセンターを設立している。

この動きは、アストンマーティンがタイトルスポンサーを務めるレッドブルに深刻な影響を与える可能性がある。現在、チームは『アストンマーティン・レッドブル・レーシング』として参戦している。また、両社はル・マン24時間レースを含む2020/21年シーズンのWEC(世界耐久選手権)に参加する予定のハイパーカー『ヴァルキリー』を共同開発している。

アストンマーティンは、2021年から導入される新しいF1レギュレーション下でエンジンサプライヤーとしてF1に参入することに興味を示していたが、2021年に導入される新しいF1レギュレーションは高額なMGU-Hの継続を含め、ほぼこれまでと変化はなく、コスト削減が望めないため参入を断念している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レーシングポイント / アストンマーティン