ポルシェ マリア・シャラポワ
ポルシェAGは、女子テニス界のスーパースターであるマリア・シャラポワがポルシェのブランドアンバサダーに就任したことを発表した。

世界的テニスプレーヤーであるマリア・シャラポワ(26歳)と、スポーツカーメーカーであるポルシェAGの協力関係は、3年間の契約で、世界各地でのコミュニケーションキャンペーンが含まれる。

マリア・シャラポワは、すでにツッフェンハウゼン生まれのスポーツカーに慣れ親しんでいる。昨年、シュトゥットガルトで開催されたポルシェ テニスグランプリで優勝したマリア・シャラポワは、賞金のほか、白い911カレラSカブリオレを獲得している。

ロシア出身で現在は米国在住のマリア・シャラポワは、女子テニスの4大世界大会を制し生涯グランドスラムを達成、また合計21週、世界ランキングで第1位にランキングされている。

ポルシェAGのマティアス・ミューラーは、「マリア・シャラポワは、卓越したアスリートで最高のパフォーマンスと、エレガンスおよびパワーを融合しています。これらはまさしく、当社のスポーツカーが持つ資質です」とパートナーシップ発表会見で説明。

マティアス・ミューラーは、ポルシェのブランドアンバサダーに適した人材を見つけるのは容易ではなかったと語る。

「マリア・シャラポワは、完璧な人選です。彼女のプロフィールとカリスマ性は、ポルシェに理想的にマッチします。彼女は世界中で大きな尊敬を集め、傑出した名声を誇っています」。

マリア・シャラポワは「今日は、私にとって特別な日です。私は、これまでも世界屈指のブランドとタイアップする機会に恵まれましたが、今回、ポルシェとパートナーとなれることは、素晴らしい名誉です」とコメント。

ポルシェは、マリア・シャラポワのブランドアンバサダー任命により、女子テニスへの長年のコミットメントを一歩進めたことになる。同社はポルシェ チームドイツとしてフェドカップに参戦するドイツナショナルチーム、および将来を嘱望される若いプレーヤーをサポートするポルシェ タレントチームドイツのスポンサーとなっている。

「当社は、これらの活動に長期的に全力で取り組んでいます。そして、パートナーとしてマリア・シャラポワを得て、さらに世界中で女子テニスへの関与が深まります」とマティアス・ミューラーは付け加えた。

マリア・シャラポワは、1987年に西シベリアのニャガン市で生まれました。彼女は、7才のときに米国フロリダ州のメキシコ湾岸のブレーデントンに移り住んだ。その2年後、世界的に有名なニック・ボロテリー・テニスアカデミーに入学。2004年、17才のとき、彼女はウィンブルドンで最初のグランドスラムトーナメント優勝を飾った。この功績に続き、2006年の全米オープン、2008年の全豪オープン、2012年の全仏オープンと、他の3大世界大会でもタイトルを獲得。今日まで、マリア・シャラポワは、シュトゥットガルトで開催された昨年のポルシェ・テニス・グランプリ、2004年のWTA選手権を含む合計28のシングルタイトルに輝いている。彼女は、自ら「マリア・シャラポワ基金」の運営に携わるほか、国際連合開発計画の親善大使としても積極的に活動している。

マリア・シャラポワ Maria Sharapova



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ポルシェ