ピレリF1 「レッドブルとアストンマーティンは低い圧力で走行していた」
ピレリF1は、フランスGPの記者会見で前戦F1アゼルバイジャンGPの決勝でタイヤが故障したレッドブルとアストンマーティンは想定よりも低いタイヤ空気圧で走行していたと明言した。

ピレリF1は、タイヤ故障に関する調査結果で、バクーでマックス・フェルスタッペンとランス・ストロールが被ったタイヤの故障の背後に“走行条件”があったことを示唆していたが、今ではパンクの引き金となった原因についてさらに詳しく説明した。

ピレリF1は、レッドブルとアストンマーティンの両方が最小の開始圧力と最大のブランケット温度で規制に従っていることを確認したが、マシンが走行すると想定していた値から逸脱したと説明した。

通常、ピレリF1は、タイヤがコース上で走ればPsiがさらに上昇するという想定に基づいて開始圧力を設定する。しかし、アストンマーティンとレッドブルのタイヤはバクーでそのような圧力の上昇を経験しなかったため、ピレリが想定したよりも低いレベルで走行していたようだ。

ピレリF1が想定した圧力を下回ったことで、高速のバクーコーナーによって引き起こされたスタンディングウェーブ現象がフェルスタッペンとストロールの左リアタイヤの内側のショルダーの故障を引き起こした。

※スタンディングウェーブ現象…空気圧が低いタイヤを使用して高速走行を行った場合、タイヤの接地面より後方が波状に変形すること

ピレリF1の責任者を務めるマリオ・イゾラは、F1フランスGPの記者会見でレッドブルとアストンマーティンが想定外のタイヤ空気圧で走っていたことを確認した。

「バクーで起こったことは、想定された走行条件と実際の走行条件とは異なっていた。そして、それが故障を引き起こした」とマリオ・イゾラは語った。

「タイヤに多くのエネルギーが入り、想定よりも低い圧力である場合、結果として、サイドウォールにスタンディングウェーブ現象と呼ばれるものが起こる。

「スタンディングウェーブ現象はタイヤの内側のショルダーに多くのエネルギーをかけるい。そして、ある時点でタイヤが壊れる。それが起こったことであり、我々がバクーでそのような状況に陥った理由だ」

だが、マリオ・イゾラは、問題はこれら2つのチームのタイヤ空気圧が予想を下回っていることに完全に起因しているわけではないと述べた。

もう1つの要因は、チームが提供したデータに基づく週末のマシンのパフォーマンスに関するピレリの予測が、実際にコースを走ったものと一致していなかったことになる。

「最小圧力の処方箋を準備するとき、シミュレーションを受け取り、マージンを考慮する」とマリオ・イゾラは語った。

「予想される負荷、ダウンフォース、またはスピードがシミュレートされているが、コースでの値とは正確には一致しない。そして、今回のケースでは、バクーでコース上で見つけたものとは正確に一致しないいくつかのパラメーターも見つかった」

「我々は、彼らが特定の圧力と特定のキャンバーで動いていると想定している。もちろん、余裕を持ってタイヤに問題のない状態で走行している」

「その場合、チームがレギュレーションに反して何かをしているというわけではなく、彼らはいつものようにパフォーマンスを探し、これらの条件を達成できなかった。それは我々が予想していたものとは異なるシナリオを作成した。そして、別のシナリオは、主にタイヤが想定よりも低い圧力で走行していたというものだった」

マリオ・イゾラは、遵守する必要のある最低走行圧力はなく、チームはレギュレーションに対して何も違反はしていなかったと述べた。

だが、2022年の新しいF1レギュレーションでは、F1チームは標準の圧力センサーを装着しなければならず、それは変わりつつある。

「尊重しなければならない走行圧力があるとレギュレーションが書かれていない場合、私は彼らがより多くのパフォーマンスを求めてレギュレーションに反対していたとは言えない」とマリオ・イゾラは続けた。

「彼らが開始圧力を尊重する場合、彼らは規制を遵守している。来年、標準センサーを使用して走行圧力をかけたときに同じことが起こった場合、その場合はレギュレーションに違反する。しかし、今年はそうではない」

マリオ・イゾラは、バクーでの走行圧のチーム間の差は様々だったとし、チームがタイヤ空気圧のマージンを押し上げているのは実際には驚きではないと述べた。

「各チームがパフォーマンスを求めている」とマリオ・イゾラは語った。

「彼らはここでレースをしている。ただトラックをクルーズするためだけにここにいるわけではない。つまり、パフォーマンスを求めて、少し低い圧力で走行すれば、ある程度のパフォーマンスが得られることがわかっている」

最近のレースでは、F1チームがタイヤ空気圧で何らかのことをしているとの疑いはあったが、このように取り上げられたのはバクーが初めてだとマリオ・イゾラは語った。

「レースからテレメトリデータを受け取るたびに、走行中のパラメータをチェックしている」とマリオ・イゾラは語った。

「もちろん、すべてのチームのすべてをチェックしている。また、それは次のレースとその処方箋の指標であるため、そのデータを使用している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / レッドブル / アストンマーティン