ピレリ 「マックス・フェルスタッペンのタイヤの切り傷はデブリが原因」 / F1イギリスGP 決勝
ピレリは、F1イギリスGPの決勝でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのタイヤに刻まれていた切り傷はキミ・ライコネン(アルファロメオ)のフロントウイングの破片によってついたものだと語った。

レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPのレース後に、マックス・フェルスタッペンの第2スティントで装着していたハードタイヤには50個の切り傷が確認されたと述べていた。

レースの最終フェーズでは、キミライコネンがフロントウィングの一部を失い、ウィングの一部がトラック全体に散らばっていました。ピレリのF1責任者を務めるマリオ・イソラはこのデブリによってマックス・フェルスタッペンのタイヤに切り傷ができたと語った。

「フェルスタッペンのタイヤが受けた切り傷は、ライコネンのデブリが原因だった。これらは、彼のタイヤにさまざまな切り傷を引き起こしましたが、そのような損傷によってタイヤが壊れたかどうか、いつ壊れるかはわからない。外部要因に依存し、タイヤ構造のより深い層に侵入するのに十分な切込みがあるかどうかによって、タイヤが故障する時期を正確に推定できなくなる」

レース直後、マリオ・イゾラは、マックス・フェルスタッペンのタイヤは“良好な状態にあった”と RacingNews365 に述べていたが、徹底的な検査を終え、予想される寿命については沈黙を保った。

ピレリは、マックス・フェルスタッペンのタイヤの損傷に関しては、キミ・ライコネンのデブリが原因だと結論付けたが、パンクが発生したバルテリ・ボッタス(メルセデス)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツ(マクラーレン)に関しては、デブリが原因ではないことを再確認した。

「我々はすべてを徹底的に調査し、キミのデブリがメルセデスが直面した問題の原因ではなかったことがわかった」とマリオ・イゾラは語った。

F1イギリスGPの決勝では、13周目にダニール・クビアト(アルファタウリ)のクラッシュによってセーフティカーが導入された際に全ドライバー(ロマン・グロージャンを除く)がピットインしてハードタイヤに交換。

ピレリは、3名のパンクの原因として、通常よりも長いスティントによる激しい摩耗と、2020年F1マシンの増加したスピードによってタイヤに過度の負荷がかかったことを上げている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピレリ / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP / マックス・フェルスタッペン