F1 イギリスGP
2019年のF1世界選手権 第10戦 イギリスGPの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。

高速のシルバーストーンで行われる第10戦イギリスGPでは、C1(ハード/ホワイト)、C2(ミディアム/イエロー)、C3(ソフト/レッド)という最も硬いコンパウンドが配分される。

レースではC1とC2のいずれか1セットを使用されなければならない。また、C3は予選Q3で使用しなければならない。残りの10セットはチームが自由に選択できる。

トップ3チームでは、フェラーリとレッドブル・ホンダがハード1、ミディアム3、ソフト9とまったく同じ選択。メルセデスはC2を4セットにして、C3をセットに抑えている。

他チームもほぼ同じくC2を重要視している選択だが、ルノーはC3を10セットし、C1とC2をドライバー毎に1~2セットで分けるC3を重視した選択としている。

2019年 F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピレリ | F1イギリスGP