ネルソン・ピケJr.
僕は、ルノーF1チームから今シーズンの彼らのもとで僕をドライブさせない意向であるとの通知を受けた。このようなニュースを受け取ったことには明らかに物凄く失望しているけど、僕をサポートしてくれた小さなグループ、そしてルノーF1で共に働いた人に感謝している。でも同時に、僕はキャリアの最悪の期間を終わらせ、キャリアを正しい軌道に戻し、速さ、勝利できるドライバーだという評判を取り戻そうとすることができる可能性に安堵している。僕はチームプレーヤーだし、、そこには残念ながらF1で私のキャリアに最も大きな影響を与えた人間を除き、キャリアの中で僕の特徴や才能を信頼して取り組んでくれた多くの人たちがいる。

僕は8歳でレースを始めて、いくつも記録を打ち破ってきた。僕はゴーカートのレースであらゆるチャンピオンシップに勝った。僕は南米F3で14勝し、17回のポールポジションを獲得してチャンピオンになった。2003年に僕はイギリスF3を戦うために自分のチームと一緒にイギリスに渡った。僕はそこでも12勝し、13のポールポジションを獲得してチャンピンになった。事実、それまでの最年少チャンピオンだった。2005年と2006年はGP2でレースをして、5勝し、6度のポールポジションを獲得した。2年目は素晴らしいシーズンだった。レース中に燃料が尽きてしまったことを含む、僕自身、チームの技術的なミスで、ルイス・ハミルトンにチャンピオンシップを奪われた。2006年のハンガリーでは最大ポイントを獲得するという完璧な週末を行った初めてのドライバーとしてGP2に記録された。それはにニコ・ヒュルケンベルグがニュルブルクリンクで達成した2009年7月まで誰もできなかった。

F1への経路は常に慎重を要しそうだったので、父と僕はあらゆる必要なコンタクトとマネジメント技術を持っているフラビオ・ブリアトーレとマネジメント契約を結んだ。残念ながら、それが僕のキャリアの暗黒の期間がスタートしたときだった。僕はテストドライバーとして一年過ごした。そこで僕は少数のテストをして、次の年にルノーのレースドライバーとしてスタートした。シーズンの前半を終え、いくつか奇妙な状況が起こり始めた。F1のビギナーとして、仕事のための知識を得られるよう、僕はチームから多くのサポートと準備を期待していた。それどころか、僕はまったく配慮されず“他のクルマを運転する誰か”として追いやられた。加えて、予選やレースの15分前にマネージャーでありチームボス(ブリアトーレ)は、良い結果を出せなければ、僕に代わる準備ができているドライバーがいると何度も僕を脅した。結果を得る前に脅しは必要ではなかった。2008年に僕は19ポイントを獲得し、一度は2位表彰台でフィニッシュした。F1のブラジル人ドライバーとしては最高のデビューイヤーだった。

2009年シーズンに向けてブリアトーレは、再び僕のマネージャーとルノーF1のチームボスの両方を務め、全てが異なるだろうと僕に約束した。僕はこれまで受けなかった僕に値する注目を与えられ、少なくともチーム内で平等の待遇を得られるだろうとね。彼は、シーズンを通して中盤までにフェルナンド・アロンソのポイントの40%を獲ることを要求するパフォーマンスに基づく契約を僕にサインさせた。2度の世界チャンピオンであり、本当に優れたドライバーであるフェルナンドとのドライブにも関わらず、僕は同じコンディションであれば、契約で要求される40%に簡単に到達できる自信があった。

残念ながら、再び約束は現実とはならなかった。フェルナンドの3839kmと比べて、僕は新車で2002kmのテストをしただけだった。僕はドライな天候で3日間したテストできなかった。フェルナンドはウェットは1日だけだった。僕は重いクルマ、ハードタイヤ、ほとんどがトラックが遅くて信頼性が低い初日、または天候が悪いときでのテストだった。フェルナンドは、ドライの完璧な状況で、ソフトタイヤを履いて軽いクルマをドライブしていた。僕には予選システムのために準備するチャンスがなかった。今日のF1では、1位と15位との差は1秒未満だ。コンマ2〜3秒が8つのポジションとなる。

それに加えて、現在、マシン開発はシーズン中のテスト禁止によってレースごとを基本に行われている。僕が今年走った最初の9レースのうち4レースで、フェルナンドは僕にはされなかった重要なマシンアップグレードを与えられていた。僕はルノーのエンジニアに、それらのレースで僕が持っていたクルマは、チームメイトよりコンマ5〜8秒遅かったと伝えられた。それにも関わらずチームメイトをアウト・クオリファイしたドイツGPを見れば、予選でアドバンテージがあれば、僕は10位ではなく5位だった。レースが違っていれば、僕はチームメイトの前でフィニッシュできただろうし、シルバーストンでは彼が持っていたアップグレードがなかったにはも関わらず僕はそれを成し遂げた。
僕には才能とパフォーマンスがあると疑いなく信じている。僕は悪い結果でそれを遠ざけたくない。僕の歴史を知っている人なら、F1での僕の結果が、僕の履歴書と能力にマッチしていないことを知っている。この2年間で対処しなければならなかった状況は、控え目に言っても非常に異様だった。信じられないような事件があった。説明する必要があるなら、過去2年間の不平等な状況によるものだと確信している。僕は常にマネージャーがチームの一員であり、パートナーだと信じていた。マネージャーは、励まし、サポートして、チャンスを与えるものだ。僕の場合は正反対だった。フラビオは僕の死刑執行者だった。

プレッシャーをかけられるのは僕にとって新しいことではない。キャリアを通じて批判はあったし、僕の名前によって多くの期待も与えられた。今まで僕は常にそれらの期待と戦ってきたし、それらを凌ぎさえした。以前は自分自信を守り、噂や批判に反撃する必要は感じなかった。真実を知っていたし、レースに集中したかったからね。それは決して僕に影響を及ぼさなかった。幸いにも、僕は今、良いトラックに戻り、公平でポジティブな中でF1キャリアの新しいスタートの選択肢を検討しているとキャリアを通じて僕をサポートしてくれたそれらの人たちに言うことができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ネルソン・ピケJr. | ルノー