角田裕毅&ガスリーがアデル『Hello』を熱唱で別れの予感? / F1日本GP
角田裕毅とピエール・ガスリーは、F1日本GPを前にカラオケでアデルの『Hello』を熱唱。仲が良いことで知られる二人だが、今シーズン限りでアルファタウリのデュオは解消される可能性が高い。

ピエール・ガスリーは、Instagramで角田裕毅とカラオケをしている様子を投稿。一聴するとなんの曲かは分からないハイトーンボイスで2017年のグラミー賞受賞曲であるアデルの『Hello』を熱唱している。

「もし僕たちがグラミー賞に招待されなかったら理解できない。前もってこの犯罪的な音楽をお詫びしておくよ」とピエール・ガスリーはコメントした。

別れた恋人へのつながらない電話を「Hello(もしもし)」という言葉で綴った名曲の熱唱。

レッドブルは、F1日本GPの週末に2023年のドライバーとしてニック・デ・フリースの起用、すなわちピエール・ガスリーの退団を発表するとされ、今シーズン限りで角田裕毅とピエール・ガスリーのデュオは見納めになる可能性が高い。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1日本GP / アルファタウリ / 角田裕毅