ピエール・ガスリー “バーベキュー”気分も「残りの週末に懸念はない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1シンガポールGP 金曜フリー走行
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1シンガポールGPのフリー走行2回目に車のエアインテークから突然発火したが、残りの週末に大きな懸念はないと主張する。

ミディアムタイヤで走行をスタートしたピエール・ガスリーは、ソフトに切り替えて6周を走行して13番手をマークして残り20分で一旦ピットに戻った。メカニックが燃料ブリーザーを取り付けた後、車は炎が出始めた。

ピエール・ガスリーはすぐにコックピットから飛び降り、近くにいたアストンマーティンのクルーが消火器で鎮火した。

火事はシンガポールの高温の結果だったが、ピエール・ガスリーは、アルファタウリが週末の後半に同じシナリオが繰り返されることを心配してはいないと語る。

「理想的ではなかった。わずかに熱くなり、燃料ブリーザーを接続したときに発火した」とピエール・ガスリーは語った。

「でも、スイッチをオフにして再起動することはできた。ちょっとしたバーベキューにされた気分だけど、結局、そこまで悪い」

「このような状況では、かなり暖かい。でも、残りの週末については何も心配することはない」

ピエール・ガスリーは 2 回目のプラクティスセッションを 14番手で終え、ペースセッターのカルロス・サインツJr.からほぼ 2秒遅れをとった。

ピエール・ガスリーは、自分のパフォーマンスに満足していないと主張し、土曜日と日曜日にチャンピオンシップのライバルと戦いたいのであれば、アルファタウリはかなりの時間を見つけなければならないと述べた。

「僕はこのトラックが大好きだ。本当に特別な場所だし、非常にテクニカルで、素晴らしいリズムだ」とピエール・ガスリーは語った。

「パフォーマンス面では、満足しているとは思わない。FP2ではかなり遅れたところでフィニッシュした。現時点では、トップ 10 に入るペースはない」

「明日のために何かを見つけなければならない。過去3回の週末と比べると、ここでは少し難しくなっているようだ」

「今夜は仕事をするつもりだ。彼らを打ち負かすためには、0.3~0.4秒を見つける必要があると思う」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1シンガポールGP / アルファタウリ