ピエール・ガスリー 「角田裕毅との不必要な接触でリアウイングを破損」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イギリスGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝をリタイアで終えた。

11番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、7位のポジションを争っていたチームメイトの角田裕毅と10周目に接触。リアウイングにダメージを負い、最終的にブラック&オレンジフラッグを掲示され、26周目にピットに戻りレースをリタイアした。

「週末のスタートは難しいものでしたが、予選ではかなりよくなり、決勝ではスタート後に7番手を走行することができた」とピエール・ガスリーはコメント。

「裕毅とのアクシデントでリアウィングにダメージがあり、リタイアしなければならなかった。今シーズンは1ポイントの積み重ねが重要なのに、今日は不必要な接触でリタイアしてしまったことにがっかりしている」

「スタート時のジョウのアクシデントは本当にドキッとしたし、逆さまになったのはショックでしたが、彼が無事で本当によかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1イギリスGP / アルファタウリ