ピエール・ガスリー、予選14番手「FP3の問題で試したいことができなかった」 / スクーデリア・アルファタウリ F1スペインGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を14番手で終えた。

土曜日の午前中に行われたFP3でアウトラップでトラブルが発生して走行できなかったピエール・ガスリーは、予選Q1が土曜日に初めてタイムを記録する状況。なんとかQ1は突破したものの、ペースに苦戦して14番手で予選を終えた。

「昨日から苦労していた」とピエール・ガスリーはコメント。

「今朝のFP3ではアウトラップ中に問題が発生し、全く走ることができなかった。 今日の予選に間に合うようにマシンを修復してくれたメカニックのみんなに感謝したい。彼らはとてもハードワークしなければならなかったはずだ」

「このコースではペースが足りず、FP3でいろいろ試してみたかったけど、残念ながらそれは叶わなかった。 なので、予選でもう少しスピードを出せるように、何か違うことを試そうと考えたけど、うまくいかず、難しいセッションになった」

「ただレースは明日だし、ポイントを獲るのも明日だ。 険しいレースになるだろう。特にタイヤのデグラデーションによってピットストップが増えると思う。その点ではポイント圏内を狙えるチャンスがあると思う」

ピエール・ガスリー スクーデリア・アルファタウリ スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1スペインGP / アルファタウリ