ピエール・ガスリー、母国F1フランスGPの将来の不確実性は「大きな懸念」
ピエール・ガスリーは、ホームフランプリであるF1フランスGPの将来に対する不確実性は「大きな懸念」だと語るが、ポジティブな解決策が見つかると楽観的だ。

2018年のF1でのピエール・ガスリーの最初のフルシーズンは、10年ぶりのF1フランスGPの復活と一致していた。フランスGPの当初の5年契約は最終的にキャンセルとなった2020年のイベントも含まれたため、今年7月のポール・リカールでのレースの後に執行する。

今年のF1カレンダーには22のイベントがあり、2023年にはカタールと中国が復帰し、ラスベガスが追加されるため、少なくとも1つのグランプリをスケジュールから削除する必要がある。

「それは大きな懸念事項だ」とピエール・ガスリーはポール・リカールの将来について語った。

「もちろん、僕は交渉に関わっている。現在の状況を知っているし、当然ながら、彼らをサポートするために力になれることは何でもする」

「結局のところ、僕はテーブルにお金を置く人ではない。それは常に政治的および財政的理由に関係しているけど、彼らが合意を見つけることができることを願っている」

「フランス人は…僕だけではない。エステバン(オコン)がパドックにいて、アルピーヌがパドックにいる」

「フランスはスポーツの一部であり、スポーツの歴史でもある。今後数年間でホームレースが行われないのは明らかに悲しいことだ」

「彼らは合意を見つけるだろうと確信している」

不確実性は、モナコGPとベルギーGPの将来にも渦巻いている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1フランスGP / アルファタウリ