ピエール・ガスリー、ルノーF1移籍の噂に「管理しているのはレッドブル」
ピエール・ガスリーは、ルノーF1移籍にむけて交渉していると報じられている。しかし、ガスリー自身はレッドブル外の選択肢については「僕には分からない」と語り、すべてはドライバーを管理するヘルムート・マルコ次第だと強調した。

2018年にレッドブル・レーシングへと昇格したピエール・ガスリーだが、成績不振を理由にわずか12レースでアレクサンダー・アルボンと交代するかたちでトロロッソに戻ることになった。

だが、一年経ち、その立場は逆転している。F1イタリアGPで自身F1初勝利を収めたピエール・ガスリーは、53ポイントを獲得してドライバーズ選手権で10位につけており、レッドブルのより速いマシンに乗っているアレクサンダー・アルボンとの差はわずか11ポイントだ。

レッドブルF1の首脳陣は、アレクサンダー・アルボンの交代を可能性を示唆しているものの、どういうわけかそこにピエール・ガスリーの名前が挙げられることはない。

このレッドブルの姿勢はピエール・ガスリーのルノーF1への移籍説に繋がった。フランス人とフランスのチームはすでに交渉を行っており、ガスリーはエステバン・オコンに代わって、2021年にアルピーヌF1として新たなプロジェクトをスタートさせるチームでフェルナンド・アロンソとチームを組むと報じられている。

だが、ピエール・ガスリー自身はこの噂を軽視しており、自分の将来を管理しているのはヘルムート・マルコとレッドブルのオーナーであるディトリッヒ・マテシッツだと強調した。

「ヘルムート・マルコとディートリヒ・マテシッツがレッドブルのドライバーを管理している」とピエール・ガスリーは Motorsport-Magazin.com に語った。

「プログラム外にどんな選択肢があるかどうか僕にはわからない」

「僕はそれらの議論には関与していないので、コメントすることはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ルノー / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ