ピエール・ガスリー 「無観客レースは最も安全なオプション」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、無観客レースがシーズンを開始するための最良で最も安全なオプションだと考えている。

今後数週間でF1は2020年のF1世界選手権について重要な決定を下される。特にF1イギリスGPは予定通りに7月19日にレースを開催するかどうかを4月末までに決断を下すとしている。

「僕は非常に楽観的でポジティブな人だ。状況が改善し、再開するのが待ちきれません」とピエール・ガスリーは Vosges Matin に語った。

「僕たちは誰も危険にさらしてはならない。最終的にそれが決定的な要因になるだろうけど、すべてのドライバーができるだけ早くトラックに戻れることを望んでいる」

ピエール・ガスリーは、それを実現するために無観客でのレース開催に期待している。彼は週末に30万人以上の来場者が集まる雰囲気を逃すのは残念だが、無観客レースが最善の選択しだと考えている。

「それが全員にとっても最も安全なオプションだし、それによってチャンピオンシップをより早く開始することができる。それをしなければならないことは明らかだと思う」

ピエール・ガスリーは、レースが開催すれば、チームとドライバーは一瞬も休むことができないため、その後の数か月は「肉体的にも精神的にも非常に激しくなる」と締めくくった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / ホンダF1 / アルファタウリ