F1 ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリーは、F1ベルギーGPから戻ることになるトロロッソ・ホンダで“真の価値を発揮する”とマネージャーは確信している。

レッドブルの上層部は期待通りの成績を残していないピエール・ガスリーが2019年の残りのシーズンもチームに残ると繰り返し主張してきたが、夏休み直後となる8月12日(月)にガスリーに代えてアレクサンダー・アルボンを起用することを発表した。

レッドブルは「レッドブルは、チームとトロ・ロッソの間で交代できる4人の才能あるF1ドライバーを契約下に持つというユニークな立場にある。チームは、次の9レースを使用して、アレックスのパフォーマンスを評価し、 2020年に誰がマックスと一緒にドライブするかについて十分な情報に基づいて決定を下す」と声明で述べている。

ピエール・ガスリーにとっては悲惨なニュースだが、彼のF1キャリアはまだ完全に終わったわけではない。シーズン後半にトロロッソ・ホンダで自分を証明する機会を与えられている。

ピエール・ガスリーのマネージャーは「彼が愛し、すでに自分自身を証明してきたチームで、彼は真の価値を発揮する」と RMC Sport に語った。

レッドブルのドライバープログラムの残虐性はよく知られており、大抜擢されたアレクサンダー・アルボン(23歳)にも、マックス・フェルスタッペンとともに結果を残し、生き残るためのプレッシャーがかかっている」

アレクサンダー・アルボンは「深いところへお大きなジャンプだけど、水泳パンツは履いているよ」とSNSで意気込みを語っている。

元F1ドライバーでオランダGPのボスであるヤン・ラマースは、レッドブルの決定は驚くべきことではないと De Telegraaf に語った。

「ガスリーにとっては厳しいことが、もう一方でレッドブルは彼がより良いパフォーマンスを発揮すべきだと繰り返し大声で述べてだ」とヤン・ラマースは語る。

「全体的に理解できることだ。レッドブルが来年マックスとともにワールドチャンピオンになりければ、ダニエル・リカルドに匹敵するドライバーが必要だ」

しかし、もう一人のオランダ人ドライバーであり専門家であるトム・コロネルは、レッドブルが有望な新人アレクサンダー・アルボンの初期のキャリアを危険にさらしていると考えている。

「クビアトの方がよかったと思う。彼はニコ・ヒュルケンベルクやケビン・マグヌッセンと同類だ。素晴らしく、速く、経験豊富だ。そして失うものは何もない」

「だが、これはアルボンに大きなプレッシャーをかけている。おそらく、彼らは私が見たことのない何かを彼に見たのだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1