F1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イギリスGPの決勝でマックス・フェルスタッペンを順位を譲れというチームオーダーを再三にわたって無視。最終的にチーム代表のクリスチャン・ホーナーが直々に指示するという事態が起こっていた。

マックス・フェルスタッペンは、セーフティカー中に2回目のピットストップを行い、1ストップのピエール・ガスリーの後ろで合流。二人ともハードタイヤを装着し、最後まで走り切るという状態だった。

ピエール・ガスリーのエンジニアはリスタート後、マックス・フェルスタッペンとは“戦略が異なる”ことを3度伝えたが、ガスリーはそれをチームオーダーとは受け取らずに順位を譲らなかった。

チームメイトに前を抑えられる形となったマックス・フェルスタッペンは「僕はここで立ち往生している」と不満を訴えた。ピエール・ガスリーは前のセバスチャン・ベッテルから順位を取り戻そうとしており、マックス・フェルスタッペンは後ろのシャルル・ルクレールからのプレッシャーに遭っていた。

最終的に無線にはチーム代表のクリスチャン・ホーナーが登場し、ピエール・ガスリーにマックス・フェルスタッペンに順位を譲るようはっきりと指示。ガスリーはハンガーストレートで減速してフェルスタッペンを前に出した。おそらくフェルスタッペンはそこで2秒を失っている。

ピエール・ガスリーは「戦略が違っていたので、より全体像を考えろという意味だと思った」とピエール・ガスリーはコメント。

「僕たちはそこで少しタイムを失ったかもしれない。ちょっとは違ったかもしれないけど、それほど大きくはなかった。僕たちは戦略が違っていた」

ピエール・ガスリーのチームオーダー無視には前科がある。昨年のブラジルGPでチームメイトのブレンドン・ハートレーを前に出せという指示を数周にわたって無視している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ピエール・ガスリー | レッドブル | ホンダF1 | F1イギリスGP