ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネージャーは、ペトロフがF1で報酬を得ることができないのであれば、他での仕事を見つけていかなければならないだろうと警告した。

2010年にルノー(現ロータス)でF1デビューを果たし、今年ケータハムに移籍したヴィタリー・ペトロフは、個人的な支援とスポンサーからの持参金でレースシートを獲得している。

しかし、ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチェンコは、2013年は方向性を変更するかもしれないと警告した。

「F1のロシア人ドライバーの存在が、ヴィタリー・ペトロフとオクサナ・コサチェンコにしか興味がないのであれば、グランプリ以外でやるべきことを見つけていくことになるでしょう」とオクサナ・コサチェンコは Sport-Express にコメント。

「F1は素晴らしいですし、非常に名声がありますが、ヴィタリーにとってはお金にならない仕事です。なぜ? 多くの理由があります」

「ロシアでは、アスリートを売るのも難しいですが、F1ドライバーを売るのはほぼ不可能です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ケータハム