ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフのマネジャーは、2013年シーズンにむけて3チームと交渉していることを明らかにした。

昨シーズン末にルノー(現ロータス)のシートを失ったヴィタリー・ペトロフは、今年ケータハムでグリッドの後方に移動した。

しかし、ヴィタリー・ペトロフのマネージャーを務めるオクサナ・コサチャンコは、今年のチャンピオンシップ後、再びヴィタリー・ペトロフがシートを失う可能性もあることをほのめかした。

「秋前にはいくつか決定する準備ができていなければなりません。昨年直面したような状況は望んでいません」

「一番のプライオリティは、現在のチームに残留し続けることです」

「彼らは発展していますし、シーズン後半には大きな進歩を予想しています。何を得られるか様子をみてみるつもりです」

オクサナ・コサチェンコは、F1ロシアGP初開催にむけて、ロシアのチームであるマルシャに移籍する可能性は否定した。

「彼は非常に経験豊富なドライバーですので、ポイントを獲得する価値があると思います。来年であっても、マルシャでそれが可能であるかどうかはわかりません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ヴィタリー・ペトロフ | ケータハム