ヴィタリー・ペトロフの2012年03月のF1情報を一覧表示します。

ヴィタリー・ペトロフ:F1マレーシアGP プレビュー

2012年3月20日
ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
ヴィタリー・ペトロフが、F1マレーシアGPへの意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「今回はチームとのマレーシアでの初レースだし、マレーシアのファンが彼らのホームチームにどのような反応をみせてくれるか、そしてオーストラリアのトラックで僕たちが成し遂げたものを基にして改善していくことを楽しみにしている」

ヴィタリー・ペトロフ 「アロンソだってペイドライバー」

2012年3月14日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは「僕とアロンソの違いがわからない」と述べ、自身がペイドライバーと呼ばれていることに疑問を投げかけた。

今年、ベテランのヤルノ・トゥルーリを追い出してケータハムのシートを獲得したヴィタリー・ペトロフ。F1からイタリア人ドライバーがいなくなくことも相まって、ペトロフの起用は議論の的となった。

ヴィタリー・ペトロフ:F1オーストラリアGP プレビュー

2012年3月11日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、2012年の開幕戦F1オーストラリアGPにむけての意気込みを語った。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「メルボルンは、もちろん僕にとって常に特別な場所だ。去年はあそこで初めてF1表彰台を獲得したし、オーストラリアのファン全員が本当に歓迎してくれたので、今年も同じようになると確信している」

ヴィタリー・ペトロフ 「全てがうまく機能している」 (バルセロナ最終日)

2012年3月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、バルセロナテスト最終日に101周を走行し、7番手タイムとなる1分22秒795を記録した。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「今日の内容には十分に満足している。チームは一日を通して素晴らしい仕事をしてくれたし、走るたびにあらゆるエリアが改善していた」

ヴィタリー・ペトロフ 「ルノーは僕を子供のように扱った」

2012年3月3日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2010年にレースエンジニアを務めていた元マクラーレンのレースエンジニアであるマーク・スレイドに子供のように扱われいると感じていたと述べ、旧所属チームであるロータス・ルノーGPを批判した。

ロータス(旧ロータス・ルノーGP)は、2011年シーズン終了後にヴィタリー・ペトロフを放出し、キミ・ライコネンとロマン・グロージャンという完全に新しいドライバーラインナップを採用することを選んだ。

ヴィタリー・ペトロフ 「マシンはうまく機能している」 (バルセロナ初日)

2012年3月2日
ヴィタリー・ペトロフ ケータハム
ヴィタリー・ペトロフは、バルセロナテスト初日にケータハムCT01で123周を走り込み、9番手タイムとなる1分24秒876を記録した。

ヴィタリー・ペトロフ (ケータハム)
「今日、マシンは最初のインストレーションラップから午後の最後のラップまで非常にうまく機能していた。全てのタイヤプログラムを実施することができたし、一日を通して堅実なラップタイムを刻むことができた。セットアッププログラムにも取り組むことができたし、本気でプッシュできる適切なバランスを見つけるのに役立った」
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム