ヴィタリー・ペトロフの2011年01月のF1情報を一覧表示します。

小林可夢偉、クッドスマイルカンパニーとのスポンサー契約を延長

2011年1月30日
小林可夢偉
小林可夢偉は、グッドスマイルカンパニーとのパーソナルスポンサー契約を延長した。

グッドスマイルカンパニーは、昨年ベルギーGPから最終戦アブダビGPまで小林可夢偉をサポート。2011年シーズンは新車発表会から最終戦まで、シーズンを通してサポートする。

今回の契約により、グッドスマイルカンパニーのロゴが小林可夢偉のヘルメットに掲載される。

ヴィタリー・ペトロフ、イギリスに引越し

2011年1月14日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、スペインからイングランドに引越したことを明らかにした。

ヴィタリー・ペトロフがルノーと2011年の契約を結ぶ前、チームオーナーのジェラルド・ロペスは、「ファクトリーに近く」「英語を話す環境」にいるためにペトロフが「イギリスへ引っ越す」必要があると主張していた。

ヴィタリー・ペトロフ、R31の初テストを担当

2011年1月13日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフが、新生ロータス・ルノーGPのF1マシン「R31」の初テストを担当することが明らかになった。

ロータス・ルノーGPは、1月31日にリカルドトレモサーキットで発表し、翌日からスタートする合同テストに参加する。

フランスの autohebdo.fr によると2月1日の初日はヴィタリー・ペトロフがテストを担当し、2日目と3日目はロバート・クビサがテストを引き継ぐという。

ヴィタリー・ペトロフ 「2011年はフェラーリやマクラーレンと戦いたい」

2011年1月6日
ヴィタリー・ペトロフ
ヴィタリー・ペトロフは、2011年にF1でフロントランナーになってロシアからの支援に応えたいと述べた。

ロータス・ルノーGPと新たに2年契約を結んだヴィタリー・ペトロフだが、ロシアのウラジーミル・プーチン首相はペトロフに「財政的支援が必要だ」と述べ、ペトロフの新しいスポンサーとして国営企業のロステクノロジーを発表した。

プーチン首相、ヴィタリー・ペトロフへの財政支援を確約

2011年1月5日
ヴィタリー・ペトロフ
ロシアのウラジーミル・プーチン首相は、ヴィタリー・ペトロフは引き続きロシアからの財政支援を当てにすることができると述べた。

ヴィタリー・ペトロフは、ロータス・ルノーGPと新たに2年契約を締結したが、いまだ契約の一部としてチームに資金をもたらしている。

昨年、ヴィタリー・ペトロフはチームにスポンサーとしてロシアの自動車メーカーのラーダをもたらしているが、2011年にむけてペトロフのマネジメントは新たにロシアの国営企業ロステクノロジーとの契約を確保した。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム