セルジオ・ペレス 「タイヤに苦労。この流れが続くならレースでも苦戦」 / F1ブラジルGP スプリント
セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)は、2022年F1ブラジルGPのスプリントを5位でフィニッシュした。

9番グリッドからソフトタイヤでスプリントをスタートしたセルジオ・ペレスはポジションアップに成功し、素晴らしいオーバーテイクスキルを披露して5位まで挽回してチェッカーを受けた。サインツのペナルティにより決勝スタートポジションをグリッド2列目まで上げた。

「今日は良い内容ではなかった。苦しい午後になったので今夜分析すべき部分は多い」とセルジオ・ペレスはコメント。

「いくつかの原因でデグラデーションが想定していたよりも高く、全体的にマシンバランスが欠けていた。もっと良いペースを期待していたけれど、ポジションを上げるのが非常に難しかった。前を走っていたルイス(ハミルトン)やカルロス(サインツ)にバトルを挑めず、終盤もマックスに近づけなかった」

「今週末の僕たちはメルセデスやフェラーリに遅れを取っている。彼らは非常に強力で、僕たちよりもかなりペースが優れているようだ。FP2からスプリントまでの間にかなりのパフォーマンスを失ってしまった。マシンの感触はFP2の方がはるかに満足できていた」

「この流れが続くなら、レースでも苦戦する可能性があるので、向上して自分たちのリズムを取り戻す必要があるし、今日の内容を理解しなければならない。ここから巻き返せることを願っている」

セルジオ・ペレス レッドブル・レーシング F1 ブラジルグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / F1ブラジルGP