レッドブルF1のセルジオ・ペレス、電動パワーボートのE1選手権のチームを所有
レッドブルF1のセルジオ・ペレスは、2023年の開始が予定されている電動パワーボートのチャンピオンシップであるUIM E1世界選手権のチームを所有し、メキシコのナショナルカラーで競争する。

E1世界選手権は、フォーミュラEの共同創設者であるアレハンドロ・アガグが創設。セルジオ・ペレスは、12チームの1つを所有し、彼のチームは、メキシコのナショナルカラーの“RaceBird”と呼ばれるボートで競争する。

セルジオ・ペレスは、2010年にアレハンドロ・アガグのバルワアダックスからGP2に参戦。5勝(フィーチャーで2勝とスプリントで3勝)を上げてパストール・マルドナドに次ぐランキング2位でフィニッシュ。それ以来、二人は連絡を取り合っている。

「E1で新しいチームオーナーになり、UIM E1世界選手権でメキシコを代表するチームができることをとても楽しみにしている」とセルジオ・ペレスは語った。

「アレハンドロとの関係を考えると、彼がやっていること、そして、彼のさまざまなチャンピオンシップを注意深く見守ってきた。彼がより持続可能な形のモータースポーツを推進することで達成したことは称賛に値すると思う」

「世界の舞台でメキシコの旗を掲げるレーシングチームを見るのは素晴らしいことだ。RaceBirdの実際の動きを初めて見るのが待ちきれない」

「ボート、そして、エキサイティングなスポーツプロダクトであるE1が都市のイベントでファンのために作成しようとしていることについて、多くのポジティブな話を聞いている」

「確かに、これは僕のキャリアと学習経験において大きな挑戦になるだろう。開始して、メキシコと世界中のファン層を拡大するのを手伝うのを楽しみにしている」

フォーミュラEの会長を務め、スピンオフシリーズであるエクストリームEを開始したアレハンドロ・アガグは「私とチェコは、チェコが私のチームでドライブしたGP2で一緒に働いて以来、親しい友人であり続けている」とコメント。

「おかしなことに、私が彼をドライバーとして雇い、セルジオがE1で彼自身のチームに加わったことで、物事が完全に一巡したように感じている」

「彼は、彼自体が信じられないほど速くて才能のあるレーシングドライバーであるだけでなく、賢く、チームオーナーとして成功するために必要なすべての属性を備えている」

「チェコをE1ファミリーに迎えることができてうれしく思う。また、チームメキシコの計画がどのように発展するかを楽しみにしている」

アレハンドロ・アガグは、2000年から2004年にかけてスクーデリア・フェラーリが大成功を収めたときにルーベンス・バリチェロのレースエンジニアを務めた元F1エンジニアのロディ・バッソとE1を結成した。その後、彼はレッドブルとマクラーレン・アブライド・テクノロジー部門に勤務していた。

E1は、持続可能な水上技術を促進するという追加の目的で、世界中で、58mphの速度に達することができるRaceBirdで12チームと24パイロットでのレースを望んでいる。

これは、パワーボートの世界統治機関である国際モーターボート連盟(UIM)によって認可されており、アレハンドロ・アガグがFIA(国際自動車連盟)とフォーミュラEを設立し際と同様に、E1は電気レースの独占契約を結んでいる。

セルジオ・ペレス F1 レッドブル・レーシング E1世界選手権

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル