レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンとの間に嫉妬はない」
セルジオ・ペレスは、過去のチームメイトの中には嫉妬するドライバーもいたが、レッドブル・レーシングでのマックス・フェルスタッペンとの関係は、お互いの成功に満足していると感じているとたる。

セルジオ・ペレスは、F1グリッドのベテランであり、2011年にF1デビューし、10年後にレッドブル・レーシングへと移籍した。

もちろん、その間にセルジオ・ペレスは多くのチームメイトと仕事をしてきた。F1では6名のチームメイトがいた。レッドブル・レーシングではこれまでマックス・フェルスタッペンとだけ仕事をしている。

マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのコンビは少なくとも2024年まで継続する。

セルジオ・ペレスは、レッドブル・レーシングのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンは、どちらかが達成するものに対して、本物のサポートと幸せな雰囲気を感じると語った。

それは以前のチームメイトとは対照的だという。マックス・フェルスタッペンと一緒に受けたLADbible TVとのインタビューで、セルジオ・ペレスは「過去にはチームメイトから嫉妬されたこともあったと思う」とコメント。

「もちろん、勝ちたいからね。でも、隣の男が勝ったときはその功績を認めなければならない。彼は自分よりもうまくやっているからか勝った。はそれを受け入れなければならない。そして、隣にいる男がしたことを誇りに思わなければならない」

「そして、多くの人がそれを受け入れることはできないと思うけど、僕が勝ったとき、マックスが勝ったとき、僕たちは常にお互いに誇りを感じている。それは僕たち内で良いことだと思う」

マックス・フェルスタッペンは、チームメイトとしてのセルジオ・ペレスとの関係が、F1でこれまでに経験した中で最高のものであることを認める。

また、2016~18年にレッドブル・レーシングで一緒にいたダニエル・リカルドとも良い関係を共有していたと指摘したが、それ以来、ドライバーとしてかなり成熟していると感じていると語る。

「もちろん、僕は非常に若くしてF1を始めました。ダニエルとの関係も非常に良かったと思う」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、当時はまだ18歳、19歳だった。今の僕は人としてはまったく違うと思う。今はチェコがいることが間違いなくベストだと言える。僕はかなり成熟しているしね。それはお互いにどのようにアプローチするかにも大いに役立っちえると思う」

セルジオ・ペレスは冗談めかして、マックス・エルスタッペンに「君は若い頃はもう少し難しかったと思う」と語ってインタビューは終わった。

セルジオ・ペレス F1 レッドブル・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / マックス・フェルスタッペン