「レッドブルでペレスが活躍できたのは豊富な経験のおかげ」と元F1王者デイモン・ヒル
元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、F1での確かな実績と豊富な経験が、セルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングでの新しい役割への移行を成功させるのに役立ったと考えている。

レッドブルは、アレクサンダー・アルボン、ピエール・ガスリー、ダニール・クビアトとセカンドドライバーが定まらず、2021年にマックス・フェルスタッペンの新しいチームメイトを探すためにレッドブルのドライバープログラム外に目を向けるという意外な決断をした。

セルジオ・ペレスは、F1サヒールGPでF1初優勝を果たしたばかりだったにも関わらず、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを支持するレーシング・ポイント(現アストンマーティン)によって放出された後、レッドブル・レーシングのシートを手にいれた。

セルジオ・ペレスが落ち着くまでには少し時間がかかったが、6月のF1アゼルバイGPで2回目の優勝を果たし、チームのチャンピオンシップへの貢献、特に最終戦F1アブダビGPのレースで重要な役割を果たしたことで賞賛された。

「チェコがしたことは信じられないほどだ」とマックス・フェルスタッペンはその日のチームメイトの貢献について語った。

「それが最終的に僕たちのレースにも繋がった。メルセデスはセーフティカーでストップできなかった。チェコがいなければ、僕はワールドチャンピオンにはなれなかっただろう」

デイモン・ヒルは、レッドブルのセカンドシートの前任者と比較して、31歳のセルジオ・ペレスが、非常に才能のあるマックス・フェルスタッペンと一緒にレースをするというプレッシャーに対処するための成熟度と自信を持っていたと語る。

2011年のF1オーストラリアGPでF1デビューを果たして以来、セルジオ・ペレスは、ザウバー、マクラーレン、フォース・インディア(レーシング・ポイント)、そして、現在はレッドブルで213戦をスタートしている

「非常に多くのドライバーがレッドブルから弾き出されるのを見てきた」とデイモン・ヒルはF1 Nationに語った。

「私は、チェコは経験が豊富なので、若いドライバーにとっては難しいレッドブル内の勢力に立ち向かうことができるだろうといつも感じていた」

デイモン・ヒルは、セルジオ・ペレスをピエール・ガスリーと比較した。ガスリーは2019年トロロッソからレッドブル・レーシングに昇格したが、パフォーマンスが一貫せず、夏休みに再び交代させられた。

ピエール・ガスリーはトロロッソ(現在のアルファタウリ)に戻り、それ以来、目覚ましい成長と改善を見せ、2020年のF1イタリアGPで優勝し、昨シーズンはドライバーズチャンピオンシップを9位でフィニッシュしている。

「彼には才能がある。それは明らかだ」とデイモン・ヒルはピエール・ガスリーについて語った。

「彼はマシンの可能性を最大限に引き出すことができる。それは彼が定期的に行っていることだ。そして、彼は、過度に無茶苦茶になることなく、自分自身にも自信を持っているようだ」

デイモン・ヒルは、ピエール・ガスリーの現在のアルファタウリでのフォームは、2021年のレッドブル・レーシングでのセルジオ・ペレスと「同じカテゴリー」に彼を入れたことを示唆している。

「問題は、そのようなドライバーがレッドブルに行くとどうなるかということだ」

2019年に、ピエール・ガスリーはアレクサンダー・アルボンとチーム間で交代した。アルボンはレッドブルで26レースを完了した後、セルジオ・ペレスの加入によってレギュラードライバーを外された。2022年、アルボンはウィリアムズF1でF1グリッドに戻る。

デイモン・ヒルは、アレクサンダー・アルボンの例は、レッドブルのシステムで育てられたドライバーがトップチームでチャンスが訪れたときに何ができるかを示すことがいかに難しいかを示していると語った。

「これは彼らが学ばなければならないことだ」とデイモン・ヒルは語った。

「彼らの居場所に折り合いをつようとと少し厳しいことになる。レッドブルに世話になっていると、彼らがキャリアを支えてくれたので『ちょっと待って、こうして欲しい』と言うのは非常に難しいと思う」

「エイドリアン(ニューウェイ)がそこにいたとしても、最終的に彼らは振り返り『自分でパフォーマンスを見つけなければならない』と言う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル