レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「ジェッダ・サーキットは不必要に危険すぎる」 F1サウジアラビアGP 予選
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットは過度に“危険”だと感じており、初開催のF1サウジアラビアGPが大きな事故で傷つく可能性を恐れていると語る。

なんとか時間内に完成した新しいサーキットは、誰にとっても未知数であり、これまでのところ、あらゆる予測に応えてきた。ブラインドコナーとバリアはミスを許さず、猛烈に速いエキサイティングなトラックが誕生した。

残念ながら、予選の最後の最後でタイトルを争うマックス・フェルスタッペンがクラッシュしてポールポジションを失うという出来事があった。だが、フェルスタッペンに怪我はなく、気づいたのはプライドだけだった。

しかし、FP2ではシャルル・ルクレールもかなり大きなクラッシュを喫しており、セルジオ・ペレスはリスク要因は過度であり、レース当日に何が起こるかについて心配していると認める。

「本当に素晴らしいサーキットだ。ターン、コーナリング、ブラインドコーナーのストレートがたくさんあるという点では非常に危険だけどね」と予選を5番手で終えたセルジオ・ペレスはThe Raceに語った。

「いくつかのオンボードを見ると、かなり恐ろしい。明日は何も起こらないことを願っている」

「他のマシンとのスピードのデルタで行っているスピードでは、トラックが少し危険すぎると感じている。少し不必要だ」

「しかし、おそらくそれは週末の後にレビューできることだと思う」

セルジオ・ペレスは、グランプリ自体で「緊密にレースをしていると、小さな事件が本当に、本当に大きくなる可能性がある」ため、問題が予選に限定されているとは考えていない。

セルジオ・ペレスは、ドライバーのサーキットに対しる物理的な性質についても言及した。ミスが発生すると犠牲が高くなる可能性があるストリートトラックであるため、集中力が必要となる。

「かなり厳しいです」とセルジオ・ペレスは語る。

「この場所とこのトラックは非常に厳しい。身体と精神に多くのストレスを与える。セッションごとに、簡単なものではなかった」

セルジオ・ペレスは、予選は「基本的にタイヤが支配的だった」と付け加えた。

「僕たちは本当にタイヤに苦労しました。 結局、Q3のアプローチはおそらく理想的ではなかった。ミディアムでのQ2のラップタイムに合わせることができず、理想的な結果ではなかった」

「しかし、レースはとても長くなるだろうし、まだプレーすることがたくさんあるので、どんなことも起こり得る」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1サウジアラビアGP