レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「2022年F1マシンはすべてに違和感を感じるはず」
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、現在のF1マシンは史上最高だと考えており、新しいレギュレーションによる2022年F1マシンはドライバーにとって“すべてに違和感を感じる”ことになるだろうと考えている。

F1は、2022年にF1レギュレーションを大幅に変更し、マシンの速度を落とし、ホイール・トゥ・ホイールのレースを容易にすることを目的とした次世代F1マシンを形作る技術規則を導入する。

この動きは、コース上のスペクタクルを改善し、退屈なレースの数を減らし、チーム間の競争を激化させるというF1の取り組みの一環として行われる。

F1ドライバーは、すでにシミュレーター作業を通じて新車を初体験しており、マクラーレンのランド・ノリスは2022年F1マシンは「運転するのにそれほど良くない」と語っている。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスも、すでにシミュレーターで新車『RB18』を体験しているが、2022年F1マシンの感触をしっかりと評価するには時期尚早だと語る。

「問題はなかったよ。ほんの少し遅い」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、結局のところ、最初にコース上で実車を見る必要があるし、それを元にシミュレーターで調整していく」

「現時点では、すべてがまだ少し推測作業になっているので、正直に言うとあまり注意を払ってはいない」

セルジオ・ペレスは、2022年F1マシンは「それほど悪くはない」「まだ非常に初期の頃」であると付け加えたが、F1史上最速の現行マシンと比べて何かがどのように違うかについても言及した。

「2022年マシンはシミュレーターで数回しか運転していないので、コースで走らせるのを待って、そこからスタートする必要がある」とセルジオ・ペレスは語った。

「でも、現在のレギュレーションとは明らかに大きく異なる。現在運転しているこれらのマシンは、F1の歴史の中で再び見ることは決してないものだと思う」

「これらは僕たちが運転してきたなかで、もしくはすべての人が歴史の中で運転したなかで最高のマシンだし、残念ながらすべてがこれらのマシンと比較すれば、すべてに違和感を感じるだろう。でも、とにかく運転するのが楽しいことを願っている」

2022年のF1レギュレーションの変更は、メルセデス、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ、さらにはアルピーヌが勝利を争うという、F1の歴史の中で最も拮抗したシーズンの後に導入される。

セルジオ・ペレスは、レギュレーションサイクルの終わりに向けてフィールドが拮抗するのは避けられないことであり、来年に発生する大きなギャップが解消されるまでには長い時間がかかる可能性があると付け加えた。

「特定のレギュレーションを長期間放置すると、何が起こるかはわかると思う」とセルジオ・ペレスは語る。

「最近はマージンが非常に小さいため、日曜日に純粋なペースで表彰台に立つことができるチームが5~6つある」

「来年は、正しくやれるチームはかなり正しくやり、他チームと比較して有利になると思う。他の人が追いつくには何年もかかるだろう」

「おそらくレギュレーションは非常に制限されているので、誰もがそれを正しく理解し、実際に拮抗するかと言えば、僕はそうは思わない」

「でも、F1には多くの理由、経済的な理由から変更が必要だったと思う。だから、これらの新しいレギュレーションが何をもたらすのかを待つ必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン