セルジオ・ペレス 「レッドブルF1での苦闘が僕を壊すことはない」
セルジオ・ペレスは、レッドブル・ホンダF1での苦闘が「僕を壊すことはない」と主張し、2021年シーズンの最終レースまでに好転させると誓う。

最近のレースでセルジオ・ペレスは目立った成績を残すことができず、直前に2022年もレッドブル・レーシングに残留することが発表されたF1ハンガリーGP以降ではウィリアムズのジョージ・ラッセルと同じポイントしか稼げていない。

F1ハンガリーGPでのリタイアはセルジオ・ペレスの過失ではなかったが、F1ベルギーGPのウェットコンディションではレコノサンスラップでクラッシュが響いて3戦連続でノーポイントとなった。

だが、F1オランダとF1イタリアGPでは入賞を果たし、F1ロシアGPでは、レース終盤に雨によって展開が変わるまで、レッドブル・レーシングでの3回目の表彰台に向かってレースを進めていた。

「それが僕のビジネスのやり方だ」とセルジオ・ペレシは語った。

「僕は十分長い間ここにいるし、それが僕を壊すことはない、プッシュし続けるだけだし、そうれば流れは変わる」

セルジオ・ペレスはシーズンの残りの7レースで調子を上げて、レッドブルとの初シーズンをポジティブに終わらせることに自信を持っている。

シーズンが終了して、リセットされる2022年にむけて集中することを楽しみにしているかと質問されたセルジオ・ペレスは「まったくそんなことは関g萎えていない」とコメント。

「まだ長い道のりがある。僕は以前にもこのような立場にいたことがあるし、状況を好転させられると思っている。疑いの余地はない」

「毎週末、好転する可能性があるす、今年の残りを楽しみにしている。コンストラクターズで大きな戦いが繰り広げられているし、週末はどのようにでも反転する可能性がある」

決勝でのセルジオ・ペレスのパフォーマンスは一年を通して好調だったが、特に15戦で8ポールを獲得したチームメイトのマックス・フェルスタッペンと比較すると、予選は彼のアキレス腱のままだ。

セルジオ・ペレスは、土曜日に最も重要なときに単に「物事をまとめる」ことで改善が見られるはずだと信じている。

「ここ数週間でペースがかなり改善されたと思う」とセルジオ・ペレスは説明した。

「結果を変えることができるように、最後に確実にまとめる必要がある。僕たちは以前にそれを達成しているし、再びそれができると確信している。チームを完全に信じているし、まだ長い道のりがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1