セルジオ・ペレス、チームプレイを担って9番手「スプリント予選は難しいかも」 / レッドブル・ホンダ F1イタリアGP 予選
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、2021年F1イタリアGPの予選を9番手で終えた。

トウ(スリップストリーム)によるゲインが1周あたり0.7秒とも言われるモンツァサーキット。セルジオ・ペレスは、予選Q3でマックス・フェルスタッペンにトウを与える役割を演じて自身は9番手となったが、フェルスタッペンの3番グリッド獲得をアシストした。

「今日は厳しい予選だった。明日のスプリントレースでは集団の中でポジションアップを狙うけど、DRSトレインの状態が続くので難しいかもしれません」

「ロングランのペースはよかったし、レースでは色々なことが起こると思うので、どうなるか楽しみにしている。日曜に向けて、いい状態に持っていけるようにしたいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1イタリアGP