ロス・ブラウン、セルジオ・ペレスのDRIVER OF THE DAY選出に異議 / F1オランダGP
ロス・ブラウンは、F1オランダGPでセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がドライバー・オブ・ザ・デイに選出されたことに納得しておらず、彼は“再び大きなミス”を犯していたと指摘した。

セルジオ・ペレスは、予選で最後のアタックを待つ列のなかで身動きが取れなくなり、チェッカーフラッグまでにラインを通過することができずにQ1で敗退。

16番手という低いグリッドを鑑みて、レッドブルは、戦略的にホンダF1のパワーユニットコンポーネントを交換することを選択。アップグレード版のエナジーストアを入れたことでピットレーンスタートとなった。

そこからセルジオ・ペレスは、オーバーテイクのスキルを発揮し、最終的に8位入賞を果たす挽回をみせ、ファン投票のための目を引き付けた。

セルジオ・ペレスの走りはテレビ視聴者を納得させたが、ロス・ブラウンはあまり感銘を受けていない。代わりにフェルナンド・アロンソに票を入れた。

「今回だけはドライバー・オブ・ザ・デイに関してファンの意見に異議を唱えなければならない。私としてはセルジオではなくフェルナンドだった」とロス・ブラウンはレース後のコラムで語った。

「セルジオはピットレースからのスタートで、大きなフラットスポットを作ってフィールドの後ろにいた。彼は再び大きなミスを犯した。グランプリは、週末を通してミスを最小限に抑える、もしくはまったくミスをしないことが重要だ」

「Q1でチームに過失があったと言うかもしれないが、あのようなマシンでそのセッションを通過できないのは十分ではない。彼は現時点でそれをすべてまとめているわけではない。フェルナンドだ」

「フェルナンドは日曜日のしたたか者だった。エステバン・オコンが無線でフェルナンドより速いと言っていたとき、彼のチームメイトはレースのその段階で必要に応じてタイヤを管理していた」

「私の見解では、彼は完璧なレースを走った。カルロス(サインツ)から最後にさらにポジションを奪ったのは素晴らしかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1オランダGP