セルジオ・ペレス 「最後のアタックができなかったことは本当に残念」 / レッドブル・ホンダ F1ハンガリーGP 予選
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年F1ハンガリーGPの予選を4番手で終えた。

1回目のアタックを4番手で終えていたセルジオ・ペレス。最終アタックでは、メルセデス勢の後方となってコースイン。だが、メルセデス勢が低速で走行したことで時間内にアタックへ入れず、そのまま4番手となった。

「予選を通じて、マシンの感触が確かによくなっていった。可能性を感じていたので、最後のアタックができなかったことは本当に残念だ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「十分な余裕があると考えていたけど、残念ながらそうならずにアタックができなかかった」

「今日はメルセデス勢が非常に強力だと分かっていたけど、明日は彼らに大きなプレッシャーをかけられればと思う。僕らは異なる戦略を採るし、スタートも楽しみだ」

「このコースでは1つか2つのコーナーで上手くいけば、大きくラップタイムを向上させられる。理想のシナリオは、僕らが前に出てポジションを維持することだけど、長いレースなので何が起きるか分からない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP